• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

7つの法則であなたも「五輪招致」並みのプレゼンを

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』著者が勝利の秘密を分析

2013年10月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2020年五輪招致では、東京チームの素晴らしいプレゼンが注目を集めた。『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』の著者であるカーマイン・ガロ氏が、東京チームのプレゼンが人々を惹きつけた秘密を分析する。

 先日の東京チームのプレゼンは、世界でもっとも価値あるプレゼンの1つに数えられるべきだ。国際オリンピック委員会(IOC)は2020年の夏季オリンピックの開催地を東京に決めた。この結果をもたらした大きな要因は、東京チームが行った45分のプレゼンだった。SMBC日興証券の推定によれば、オリンピックが東京周辺にもたらす経済効果は400億ドルに上るという。この勝利で東京の街頭に歓喜があふれた。単なる経済的効果にとどまらず、21世紀の日本の再生への起爆剤として受け止められたからだ。

安倍晋三首相も「7つの法則」にのっとったプレゼンを行った(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

 日本のメディアが掲載した記事によれば、当初東京に対して懐疑的だったものも含めてIOC委員が東京の招致チームの最終プレゼンに「圧倒された」ために、96票という大差での勝利がもたらされたのだという。東京チームのプレゼンを指導したロンドンのコンサルティング会社Seven46の創業者、CEO(最高経営責任者)のニック・バーリーは私のインタビューに対して、「優れたプレゼンは支持者の投票を確実にし、迷っている相手を強くこちらへ引き込む力があります」と述べた。

 バーリーは、「このプレゼンで最も難しかったのは、日本人のプレゼンターたちを慣れ親しんだ居心地の良いやり方から引っ張りだして、世界に通用するプレゼン・スタイルを採用させる点でした」と私に語った。実は私も、繰り返しこの困難を経験している。私の著作の何冊かは、幸い日本でベストセラーになり、多くの日本の読者が「この本で紹介されているプレゼンはビジュアルで感情に強く訴え、物語性が高い点が印象的だった」と言ってくれた。しかし一部の読者は、「アメリカ式だ」と評した。それに対して私は「この本で紹介されているプレゼンのスタイルは、アメリカ式でも西洋式でもありません。どんな国、どんな言語でも通用する普遍的なものです」と答えた。

これまで見たプレゼンの中で最高のプレゼンの1つ

 私はジャーナリズム、コミュニケーション、パブリック・スピーキングの分野で専門家として25年の経験がある。その上で言うのだが、今回の東京チームのオリンピック・プレゼンは私がこれまで見たプレゼンの中で最高の1つだった。この成功を支えたのはプレゼンの7つの法則だ。これから紹介するこの7つの法則をマスターすれば、誰でもオリンピックを招致した東京チーム並みのパワフルなプレゼンができるようになる。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「7つの法則であなたも「五輪招致」並みのプレゼンを」の著者

カーマイン ガロ

カーマイン ガロ(かーまいん・がろ)

コミュニケーション・コーチ

世界のトップブランドのコミュニケーション・コーチ。著作家としても大きな成功を収めており、『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則』は日本で30万部のベストセラー。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手