• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

4Kテレビは東京五輪の夢を見る

大画面で“宴”よ再び。だがその先にあるものは

2013年10月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「スマートハウスを出展するか、4Kテレビを出すかで悩んだが、最後は私が判断させていただいた」――。

 10月1~5日まで開催された国内最大の家電見本市「シーテックジャパン」。開催初日に会場を視察したパナソニックの津賀一宏社長は、報道陣に対して自社の展示ブースの狙いをこう語った。

 パナソニックの展示ブースは、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K」関連の展示のみ。国内では初披露となる55型の有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビの試作機や、10月に発売予定の65型液晶テレビや20型タブレットなどに、来場者の注目が集まった。

最も目立つ場所に4Kテレビを展示した東芝

 経営再建途上にあるパナソニックは、薄型テレビなどの単品商売から脱却して、利益率の高いBtoBビジネスに経営資源をシフトしている。だが、やはりシーテックは家電の檜舞台。同社は昨年に比べて展示ブースを縮小したものの、今後の重点分野として掲げるエネルギーや自動車関連の展示は一切ないほど、「テレビ」に力を入れていた。

 パナソニックだけではない。今回のシーテックで、家電メーカー各社の展示は4K関連が目立った。2011年末に4Kテレビで先陣を切った東芝は、今回、50型と40型の4Kテレビを初披露。製品化の時期は明言しなかったものの、これまでより小型クラスでも4Kテレビをアピールしていく考えだ。

 シャープはシーテックの前日に記者会見を開催。部品メーカーとして他社に供給する新型液晶「IGZO」や、「ヘルスケア・医療」「ロボット」「省エネサービス」などといった新規事業ではなく、真っ先に4K対応の液晶テレビ「アクオス」を紹介した。水嶋繁光・副社長は、「まだテレビが今後も進化していくことを示したかった」と狙いを説明した。さらには、2K対応でありながら4K相当の映像を表示できる技術「アクオスクアトロンプロ」も披露した。

コメント10

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「4Kテレビは東京五輪の夢を見る」の著者

西 雄大

西 雄大(にし・たけひろ)

日経ビジネス記者

2002年同志社大学経済学部卒業。同年、日経BP社に入社。日経情報ストラテジー、日本経済新聞社出向、日経コンピュータ編集部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部記者。電機、ネットなどを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

佐伯 真也

佐伯 真也(さえき・しんや)

日経ビジネス記者

家電メーカーで約4年間勤務後、2007年6月に日経BP社に入社。日経エレクトロニクス、日経ビジネス編集部を経て、15年4月から日本経済新聞社証券部へ出向。17年4月に日経ビジネス編集部に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長