• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「走るために寄付する」は悪か?

東京マラソン、「チャリティー枠」に見る日本の寄付文化

2013年11月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 来年の大会で8回目を迎える東京マラソン。10万円以上の寄付を申し込むことで参加できる「チャリティーランナー」の募集が、11月15日に締め切られた。

 用意された3000の枠のうち、申し込み総数は2500人超。定員には達しなかったものの、多くのランナーがチャリティーランナーとして申し込んだ。では、寄付に積極的な人が少ないと言われる日本でも、寄付文化は定着しつつあるのだろうか。

「高額ランナー」と揶揄する声も

東京マラソン財団のマーケティング本部調査・研究部部長、浦久保和哉氏

 そもそもチャリティーランナーは、「東京マラソン2011」から導入されたチャリティー制度。10万円以上の寄付をすれば、チャリティー活動をアピールする目的でマラソンに参加できる。2011年の大会は1000人の枠に707人が参加。2012年の大会は枠を3000人に増やし、1743人がチャリティーランナーに申し込んだ。

 さらに、2012年10月からは、「チャリティ・サポートシステム【Run with Heart】」を導入。ファンドレイザーと呼ばれる寄付を集める登録者が、サポーターとなる家族や友人、知人に寄付への協力を呼び掛ける仕組みで、寄付金総額が10万円以上に達すればチャリティーランナーとして参加できる。

 加えて、法人申し込みも導入。寄付金控除の仕組みなども整えることで、寄付金の受け入れ体制を強化している。その結果、2013年の大会ではチャリティーランナーは2000人を突破。次回2014年の大会は2500人以上が申し込んだ。チャリティーランナー以外からの寄付も含めた寄付金総額は、2011年の大会で7325万円。2012年の大会では1億8197万円に増え、2013年の大会も2億2554万円と順調に伸びてきている。

 ただ、チャリティーランナーをはじめとしたチャリティーランの文化は、「まだ定着しているとは言えない」と東京マラソンを主催する東京マラソン財団のマーケティング本部調査・研究部部長、浦久保和哉氏は語る。

 チャリティーランナー制度を開始した2011年の大会では、チャリティーランナーの申し込み開始が一般申し込みの2次抽選発表後になったため、「抽選に漏れたからお金を払ってでも走りたい」という理由で応募した人が少なくなかったと考えられる。

 チャリティーランナーの申し込みが急激に増えた2012年の大会も、2次抽選の結果発表後まで申し込み期間が継続していたため、「『走りたいから寄付する』という認識が広がってしまったのではないか」と浦久保氏は振り返る。一般ランナーの中からは、チャリティーランナーを「高額ランナー」と揶揄する声もいまだに漏れ聞こえる。

コメント5件コメント/レビュー

一方では寄付をしながら、他方では道路を占拠して交通の麻痺に加担する。チャリティーランナーは何をしたいのでしょうか?(2013/11/22)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「走るために寄付する」は悪か?」の著者

森岡 大地

森岡 大地(もりおか・たいち)

日経トレンディ記者

2006年、日経トレンディ記者、2013年、日経ビジネス記者、2014年に日経トレンディ記者。“イクメン”を目指し、仕事との両立に奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一方では寄付をしながら、他方では道路を占拠して交通の麻痺に加担する。チャリティーランナーは何をしたいのでしょうか?(2013/11/22)

チャリティラン賛成です。 小生は、東京マラソンそのものに反対です。 個人の趣味のために、公共の道路を封鎖して何の公共性でしょうか。 個人の趣味のために走るのだから、対価を支払うのは当然のことで、本来は参加者全員が相応分を支払うべきだと考えます。(2013/11/22)

この手の都市型マラソンに何度か参加していますが、チャリティーを全面に押し出す運営には正直辟易しています。もちろん、チャリティーの精神には大いに賛同しますし、自分でできるだけの協力は惜しみません。ですが、善意を盾にし「当然寄付するよね」みたいなやり方には違和感を覚えます。伊達直人が話題になったように、「黙って手を差し伸べる」奥ゆかしさこそ日本人の文化にあっているのではないでしょうか。単なるイベント以上の貢献が必要というなら参加料を値上げすればいいだけ。使途を明確にして寄付でも自治体への還元でもなんでもすればいい。走りたい人は高額でも走る。チャリティ名目で金を取ろうとするから変な感情が生まれるのだと思う。(2013/11/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表