• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

東京モーターショーはもっと素敵になる

前夜に悠然と現れた“クルマ”とは

2013年11月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京モーターショーの一般公開が始まった。主催者の日本自動車工業会(東京都港区)によれば、11月23日(土)と24日(日)の2日間だけで来場者は24万7300人に達したという。長い目で見ると減少傾向にあるモーターショーの来客だが、週末は会場内の移動にも苦労するほど賑わっていた。

 筆者もホンダの軽スポーツカー「S660」をカメラで撮ろうとしたところ、ブースの裏側までずらりと続く順番待ちの列に10分ほど並ぶことになった。

コンセプトカーを見に行くだけで一苦労(24日午後)

 実は今回のモーターショーでは、そんな混雑に巻き込まれずに観覧できるチケットが売られていた。一般公開日の前日、11月22日(金)の午後5時半から午後8時までを「プレビュー・ナイト(前夜)」と呼び、専用チケットを1万枚までの限定で発売したのだ。ただし価格は3000円と、通常の当日券の2倍する。

 そんな試みが成功するのだろうか。主催者側の空回りではないのか。「初の試みです」と自動車工業会の首脳陣が記者会見で意気込んだとき、筆者は半信半疑だった。一体、どんな人が来場するのか――。現地で確かめてみることにした。

 22日の午後6時半過ぎ。ゆりかもめの国際展示場正門駅とモーターショー会場の東京ビッグサイト(東京都江東区)を結ぶ通路の人影はまばらだ。取材受付を済ませて会場へ入るとすぐに、ある種の“クルマ”が昼間よりも目立つ事に気がついた。

コメント8件コメント/レビュー

一般公開日にも一歳未満のお子さん連れのご家族を何組か見ましたが、展示会場はどうしても埃が立って空気が悪く、子どもに良い環境とは言えません。「来ちゃダメ」とは言えませんが、以上の点に記事の表現に違和感を感じました。(2013/11/27)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「東京モーターショーはもっと素敵になる」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一般公開日にも一歳未満のお子さん連れのご家族を何組か見ましたが、展示会場はどうしても埃が立って空気が悪く、子どもに良い環境とは言えません。「来ちゃダメ」とは言えませんが、以上の点に記事の表現に違和感を感じました。(2013/11/27)

今年はいくつかの幸運が重なって22日(金)に一人で行くことができました。そして混雑していない東京モーターショーがどれほど楽しいか(車好きには天国である)を知ることができました。特に屋外での(助手席に乗せてもらう)試乗は、他のどのブースよりも記憶に残るすばらしい体験になりました。結果として車への関心がさらに高まりました。混雑していない東京モーターショーは数倍面白い。車の運転だって混雑していないときは面白い。結論、日本人の車離れを止める鍵は渋滞や混雑の緩和です。(2013/11/27)

実際に売り上げ台数につながらないと。媒体の人の方が工夫すべきことが多いのでは。クライアントには大変腹立たしい記事でした。(2013/11/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長