• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

京都賞に秘めた稲盛和夫の思い

ノーベル賞になくて、京都賞にあるもの

2013年12月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

11月、国立京都国際会館で稲盛財団が主催する「京都賞」の授賞式があり、先端技術、基礎科学、思想・芸術の3部門の受賞者に、それぞれ5000万円の賞金が贈られた。稲盛経営が注目を浴びたことで、稲盛財団の活動にも多くの耳目が集まっている。来年創設30年の節目を迎える京都賞に秘められた稲盛氏の思いを聞いた。

「京都賞」は2014年で創設30年です。きっかけは何だったのですか。

稲盛:1981年のある日、東京理科大学の教授だった伴五紀(ばん・いつき)先生から連絡をいただきました。「昨年(80年)、『伴記念賞』というものを作りまして、今年はぜひ稲盛さんにその賞を差し上げたいのです」と。私が50歳くらいの頃です。喜んで東京理科大に出かけました。ところが、先生の教室で景品のカットグラスの花瓶を手に持った瞬間に、「恥ずかしい」という感情がふわっとこみ上げてきたんです。

京都賞は稲盛氏の「恥ずかしい」という思いから始まった(写真:菅野勝男)

なぜ、恥ずかしかったのでしょうか。

稲盛:伴先生は大学でいろいろな技術開発をされ、特許もいっぱい取った方です。その特許を民間企業に使ってもらい、そこから得られるロイヤルティー収入などを元手に伴記念賞を作られた。自分と同じように技術開発、研究開発をする人を顕彰するためです。失礼ながら、薄給の大学教授がわずかな収入をもって、こういう賞を創設された。花瓶も大きなものでしたから、何万円もしたのだろうと思うのですよ。本当に素晴らしいと思うと同時に、本当に申し訳ないと思った。「京セラも立派な会社になって、資産もある。自分こそが、賞をあげる側に立たなければいけない」と恥ずかしくなったのです。

人知れず苦労している学者に光を当てたい

 ちょうどその81年に京都大学教授の故福井謙一先生がノーベル賞を取られました。私は福井先生とも親しかったものですから、京大の人たちに「こんな賞を新しく作りたいのです」という話をしました。伊藤忠商事で(会長を務めた)瀬島龍三さんたちと一緒にノーベル財団を訪問したこともありまして、できればノーベル賞に次ぐ国際的に立派な賞にしていきたいと思って調査研究を始めました。世の中には何万という研究者が辛酸をなめながら日夜研究に励んでいます。人知れず苦労して研究をしていらっしゃる世界的な学者の方々に光を当てたいという思いで、京都賞を始めたんです。

京都賞では、技術部門(先端技術部門、基礎科学部門)に加え、思想・芸術部門も設けているのが特徴ですね。

稲盛:私は心の問題を研究することも非常に大事だと思い、ノーベル賞にはありませんが、京都賞では思想・芸術部門を作りました。芸術といっても、芸術的、技術的に優れているというより、人間の感性に安らぎと喜びを与えるような芸術を顕彰したいと思っています。審査員をしてもらっている学者の先生方は、どうしても芸術性が高いものを選ばれる傾向がありますので、私から注文を付けることもあります。

コメント1

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「京都賞に秘めた稲盛和夫の思い」の著者

北方 雅人

北方 雅人(ほっぽう・まさと)

日経トップリーダー編集長

1991年一橋大学社会学部卒業後、日経BP社に入社。日経ベンチャー(現日経トップリーダー)、日経レストランなど経営誌の編集部を経て、2010年より日経トップリーダー副編集長。17年1月より現職。中小企業経営のスペシャリスト。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長