• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日産、電子ハンドルリコールの波紋

自動運転時代へのハードル

2013年12月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 対象台数はわずか23台。だが、その小さなリコールが、自動車業界で静かな波紋を呼んでいる。

 日産自動車が今年8月に北米市場で発売した高級車ブランド「インフィニティ」の新製品「Q50」。12月16日、米NHTSA(運輸省高速道路交通安全局)は、日産が同車のリコールを届け出たことを明らかにした。同製品は来年2月末、日本で新型「スカイライン」として発売される予定。既にリコール対応は完了しており、日本で発売するスカイラインへの影響はないという。

新型スカイライン(「インフィニティQ50」)

 今回のリコール台数は、極端に少なかった。米国ではリコール対象の装備が、オプションとして発売されており、装着車がまだ限定的だった。「ダイレクトアダプティブステアリング」、一般的には「ステア・バイ・ワイヤ」と呼ばれる装備がそれだ。加えて、問題が発生した生産ロットも特定できていた。

 ステア・バイ・ワイヤは、自動車の操舵方法を根底から変える技術として注目を集めている。これまで自動車では、ドライバーがハンドルを回す角度や力をシャフトと呼ぶ部品を通じて、機械的に前輪車軸に伝えていた。こうしてタイヤの角度を変え、進行方向を制御する。だが、この仕組みには避けがたい問題があった。

 道路のデコボコなどでタイヤが受ける反力を、直接ハンドルに伝えてしまうことだ。いわゆる「ハンドルを取られる」という現象は、ここに起因している。

コメント4

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「日産、電子ハンドルリコールの波紋」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授