• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インテル、「マカフィー」廃止の狙い

セキュリティでも「インテル、入ってる」を目指す

2014年1月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

CESで基調講演を行うインテルのブライアン・クルザニッチCEO(写真:ロイター/アフロ)

 2014年1月7日から行われた、国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。基調講演で登壇した米インテルのブライアン・クルザニッチCEOは新たなセキュリティブランドを発表した。その名も「インテルセキュリティ」。2011年3月に買収し、同社傘下にあるセキュリティベンダーマカフィーのブランドを廃止し、それらをすべてインテルブランドに置き換えるという。

ハードとソフトを一緒に提供する強み

 新しい敵が現れた――。モバイル向けセキュリティソフトを提供するあるベンダーはこう漏らす。恐れるのはインテルというブランドの大きさだけではない。インテルは、今回のブランド変更に加え、モバイル端末向けに提供するセキュリティソフトの機能の一部を無償で提供する予定だと発表したのだ。

 モバイル向けセキュリティソフトは、無料ソフトが多い一方で、有料ソフトも少なくない。パソコン時代から大きなシェアを握るシマンテックやトレンドマイクロ、キングソフトなどが代表例だ。例えば、トレンドマイクロの「ウイルスバスターモバイル for Android」は1年契約で2980円。伸び率も堅調で、キングソフトの「KINGSOFT Mobile Security」(1年間1980円)は、ユーザー数が前年比378.5%、こと法人向けライセンス販売に限れば成長率は1047%と飛躍的に伸びている。

 インテルがどのような機能を無償で提供するかは未定だが、少なくとも、有料ソフトを提供していたベンダーの成長率に影響することは必至と言えそうだ。

 インテルの発表に、セキュリティベンダーはどこもノーコメントを決め込むが、「今後数カ月以内に詳細を発表する」(インテル)タイミングを前に価格戦略の変更を迫られる可能性もある。

 インテルが、自社のハードウエアと一緒にセキュリティソフトをバンドルする形で売り出せば、他社のソフトウエアよりも優位になる。その一部を無料で提供するとなればなおさらだ。

コメント1

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「インテル、「マカフィー」廃止の狙い」の著者

染原 睦美

染原 睦美(そめはら・むつみ)

日経ビジネス記者

日経パソコン、日経ウーマンオンラインを経て、2013年4月から日経ビジネス記者。IT担当などを経て、日用品・化粧品担当。趣味は洗濯、昼酒、ピクニック。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監