• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

偽ベートーベン問題に見る「よいものは売れない」論

事業力の法則を考える

2014年3月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世間を騒がせた「偽ベートーベン」問題ですが、経営コンサルタントとしての立場で考えると興味深いビジネスとの対比が見える問題でもあります。

 私的には新垣氏と佐村河内氏の関係は、ものづくり企業やコンテンツ作成者とそれを売るためのビジネスモデルやビジネスプロデューサーの関係を彷彿とさせるのです。今回は、新垣氏と佐村河内氏の関係に着目し、普遍的なビジネスプロデュース力というものについて考えていきたいと思います。

 本コラムは、ビジネスの仕組みの構築という観点から考察していますので、ことの善悪を論じているものではないこと、また偽ベートーベン問題そのものを論じているのではないことをあらかじめお断りしておきます。

 さて、佐村河内氏は被爆をされたご両親のもとに広島で生を受け、人生の半ばで聴力を失った作曲家と知られ、彼の人生のストーリーとともに彼が作曲したとされる作品は世の中の人々の心を捉えました。感動を呼ぶストーリーとして世間に知られるようになったのですが、最近彼の虚偽の言動が知れることとなり物議を醸しました。これまでの感動ストーリーそのものが嘘で組み立てられたものであることがわかったからです。

 彼の虚偽の言動が公になるまでは、彼が生み出したとされる音楽は彼のファンにとって「よいもの」であり、だからこそなかなかクラッシック音楽が大ヒットしない昨今でも「売れる」ものになったのです。佐村河内氏の名前はそのストーリー性とともにブランド化し有名になったわけです。

 彼は音楽家の新垣氏という曲のつくり手(=価値創造の担い手)を得て、彼の作品が売れる仕組みをつくり上げたのです。

 一方、彼に曲を提供したとされる新垣氏は、一連の佐村河内氏の作品の本当の作曲家として世間に知られることもありませんでした。彼は一部の専門家の間では名前を知られる優れた演奏家であり、現代音楽の作曲家であるとのことですが、彼の作品はそれだけで広く「売れる」ものではなかったのです。もちろん新垣氏にとって、佐村河内氏に提供した曲で有名になるという意思はなく、会見であの程度の曲は現代音楽を勉強したものには誰にでも作れるという意味の発言もしていますから、自分が売れることは本意ではなかったのでしょう。

 このことは、「よいものが売れない」という現象と、「よいものが売れる」という現象という相反する現象を象徴しています。佐村河内氏のファンにとって、彼の作ったとされた一連の作品は「売れる」「よいもの」であり、メジャーな形で彼の専門である現代音楽以外の作品が売れるのは本意ではなかったという新垣氏は、世間一般の人にとって無名であり「売れる」「よいもの」を作り出してはいなかったのです。

「よいもの」とは何なのか

 一概に「よいもの」といっても人によってそれは異なるでしょう。ですから、「よいもの」と消費者との関係も、「よいものが売れない」 「よいものが売れるとは限らない」「よくないものが売れる」 「よくないものでも売れる」など様々なシーンが考えられます。

コメント11件コメント/レビュー

本論議の「よいものが売れない」という現象と、「よいものが売れる」という現象という相反する現象については、筆者の言う通りです。しかしながら、偽ベートーベンの問題とは違うと思います。(以下参照)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39905http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39908http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39963クラシック界、現代音楽界には、世間受けする音楽が必ずしも「よいもの」ではないとする芸術肌が存在するのも確かであると思います。(2014/03/07)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「偽ベートーベン問題に見る「よいものは売れない」論」の著者

生島 大嗣

生島 大嗣(いくしま・かずし)

アイキットソリューションズ代表

「成長を目指す企業を応援する」を軸に、グローバル企業から中小・ベンチャー企業まで、成長意欲のある企業にイノベーティブな成長戦略を中心としたコンサルティングを行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本論議の「よいものが売れない」という現象と、「よいものが売れる」という現象という相反する現象については、筆者の言う通りです。しかしながら、偽ベートーベンの問題とは違うと思います。(以下参照)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39905http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39908http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39963クラシック界、現代音楽界には、世間受けする音楽が必ずしも「よいもの」ではないとする芸術肌が存在するのも確かであると思います。(2014/03/07)

全く以って変な偽論理展開の典型だと思う。モノ自身の良し悪しが判る人が余り居なくて、ブランドや他人の評価、作成者とする人物などの関連情報に流されて間接評価で影響を受けた評価の問題と、音楽のように個人的嗜好による良し悪し評価の問題と、音楽データのような劣化させず大量に配布できたり、今ではデータ容量の要求価格の割合が低い物に商品とするための劣化など殆ど意味が無く劣化させずに商品としても殆ど問題にならない物。の話は全く違う。音質の良し悪しが質の高い方では余り判らない事による価格や利便性優位での携帯音楽再生装置の普及問題や、音質の良し悪しより大量に持ち歩く事や手軽なダウンロードに価値を重視した圧縮音源音楽。つまり、良し悪し判断の軸は沢山あって、且つ、その評価の比重や評価曲線が各個人で異なる。その総合評価が個人による商品の良し悪し。まあ、ある軸の劣化をさせる事による別の軸の改善が大きく、結果総合評価が上がる方向に調整する事を商品化するという事はある。(2014/03/07)

消費者に良い悪いの判断を任せるということがどれほど無意味なのかよくわかっていないことがわかりました。消費者があくまで消費することを目的としているならば、ものの良し悪しなど関係ありません。なんとなく思い付きされた発言に、意味を持とうとするからミスマッチが存在する、そのように仕向けているように感じます。本当の意味で良いものかどうか判断するなら消費者という存在は切り離す必要さえあると思います。売れるかどうかという前提の良いもの良くないものというお話であれば売れなければ良くなく、売れたら良いでいいと言えます。(2014/03/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長