• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビットコイン、世界最大級の取引所の破綻の影響は

電子マネーとの違いは? 円天のように崩壊するのか?

2014年3月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2014年2月28日。世界最大級のビットコイン(Bitcoin)取引所であるマウントゴックス(MtGOX)が民事再生手続きを申請したことが明らかになった。

 MtGOXが取り扱っていたBitcoinとはどのようなものなのだろうか。電子マネーとは何が違うのだろうか。また、MtGOXの破綻によってBitcoinは円天のように崩壊してしまうのだろうか--まずは破綻の経緯から解説していこう。

マウントゴックス(MtGOX)とは?

 MtGOXは最古参のBitcoin取引所で、一時は世界シェア7割の業界最大手だったが、昨年10月に中国のbtcChinaに抜かれ、最近ではスロベニアのbitStamp、ロシアのBTCeに押されて、最近はシェア2割程度まで落ち込んでいた。

 MtGOXとはMagic the Gathering Online eXchangeの略で、もともとP2PソフトeDonkeyの作者Jed McCaleb氏がトレーディングカードMagic: the Gathering売買のために立ち上げたのだが、2010年Bitcoinの方が需要を見込めるとして、Bitcoin取引所に方向転換。2011年にフランス人起業家Mark Karpeles氏に売却、不正侵入の標的となって競合他社が撤退する中、世界最大の取引所となるまで成長した。

Bitcoin取引所に業態転換して間もない時期のMtGOXのホームページ

ビットコインとは

 Bitcoinとは日本人ナカモトサトシ氏が発明したとされるP2P貨幣である。2008年11月に英語の論文が暗号メーリングリストで公開され、翌2009年1月にプロトタイプが稼働し始めた。ナカモトサトシの正体は不明で、2010年半ばを最後にインターネット上での活動は停止している。

 当初Bitcoinは暗号専門家の中でも国家による通貨発行権の独占に反対する無政府主義者、サイファーパンクと呼ばれる人々の間での遊びとして使われ始めた。2010年5月には掲示板Bitcoin Forum上で米国フロリダ州で2枚のピザを1万BTCで購入するという書き込みがあり、数日後に実際ピザが届いたことから、実際のモノの取り引きが始まったとされている。

コメント14件コメント/レビュー

素人目には、「動きがすべて記録されている」のであれば、誰の元にお金が集まったのかがわかるのだから犯人はすぐにわかりそうなものだと思うのですが違うのでしょうか?それとも、プログラムのバグを使えば「動きを悟られずに抜き取る」ことが可能だった、ということであれば、ウリ文句の「動きがすべて記録されているから安全」というのが嘘だったということでしょうか?どうもそのあたりのことが書かれていないのでよくわかりません。(2014/03/11)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

素人目には、「動きがすべて記録されている」のであれば、誰の元にお金が集まったのかがわかるのだから犯人はすぐにわかりそうなものだと思うのですが違うのでしょうか?それとも、プログラムのバグを使えば「動きを悟られずに抜き取る」ことが可能だった、ということであれば、ウリ文句の「動きがすべて記録されているから安全」というのが嘘だったということでしょうか?どうもそのあたりのことが書かれていないのでよくわかりません。(2014/03/11)

「国が勝手に刷れる通貨より、コンピューターの計算能力によって発行が制限されているビットコインの価値のほうが不変で信頼できる。」サポーターの論点はそんな所なのでしょうか?最初はバブル末期の絵画投資のハイテク版かと思いましたが、なんとなく価値が解るような気もしてきました。エクスチェンジさえきちんと機能していれば、資産はインフレリスクの少ないビットコインで持ち、使う時に現地通貨に替えれば良いのだから。一日どれだけのビットコインが「通常の」通貨と交換されているんでしょう?時価総額ではなくて、出来高が知りたいです。(2014/03/05)

試みとしては面白いんですが、私の眼には無法状態の先物取引に映ってましたので、距離を置いてました。 相場操縦やインサイダーの類の規制をする法律が無いし、完全無欠のセキュリティなんてのは、世の中にあり得ない。 悪い事し放題。 仕組み上、ログから受取人は確実に分かる事になってますけど、今回はどうなんでしょう? これから明らかになっていくと思いますが、掠め取った人間が特定できない場合は大暴落でしょうね。(2014/03/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授