• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リーダーは「任せる不安」をどう払拭するか

第28回 代表理事が約2カ月の産休――そのときISAKは?

2014年3月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年10月31日、「インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK=International School of Asia, Karuizawa)」に、長野県庁から「学校法人」の認可が下りた。日本とアジアをはじめとする世界各国の子供たちが生活をともにし、リーダーシップやダイバーシティー(多様性)について学ぶ全寮制高校が、とうとうその存在を認められたのだ。

 そして11月、早速、第一期生の生徒募集が開始された。開校は14年8月である。しかし、国内外の他校の入試スケジュールなどを考慮すると、遅くとも3月にはISAKも合格者を決定しなければならない。となると、1月には応募を締め切って選考を開始する必要がある。ISAKのように論文や成績表など提出物が多い学校の場合、通常はその3~4カ月前から募集を開始するのだが、「学校法人」の認可が下りるのを待たなければならなかった関係上、今回はスケジュール的にもかなり厳しい2カ月前の生徒募集開始となった。

 時を同じくして、学校法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢代表理事の小林りんは臨月を迎える。第二子誕生の予定日は13年12月1日だった。

 ISAKにとって開校前最後の関門であり、最大の鍵となる「生徒募集」。くしくもそれが、プロジェクトを立ち上げた自身の体が一番無理のできない時期に重なる形となった。この一大事に際し、ISAKも小林も、ともにまた大きな成長を遂げることとなる――。

 14年早春、合格者が最終決定する直前のISAK事務局へ、2児の母となっても変わらず精力的にプロジェクトを進めている小林を訪ねた。

(これまでの経緯はこちらを参照)

 「今は週2日ほど子供を預けられない日があるので、その時はこうして一緒に出勤しています」

 学校法人インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢(ISAK=International School of Asia, Karuizawa)代表理事の小林りんは、誕生したばかりの第二子を抱っこ紐に入れて胸に抱き、今日も東京・南麻布にあるISAK事務局に出向いていた。

 その顔は相変わらずはつらつとしていて疲れを感じさせないが、実際は産後間もない身。育児をしながら、2014年8月に迫るISAK開校のための準備を推し進めている真っ最中だ。ハードなスケジュールをこなす日々を送っていることは容易に想像できる。

コメント3

「軽井沢にアジアのための全寮制高校を作ります!」のバックナンバー

一覧

「リーダーは「任せる不安」をどう払拭するか」の著者

小林 りん

小林 りん(こばやし・りん)

ISAK設立準備財団代表理事

国連児童基金(UNICEF)勤務時にフィリピンに駐在、ストリートチルドレンの非公式教育に携わる。2007年に発起人代表の谷家衛氏と出会い、学校設立をライフワークとすることを決意、09年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック