• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホテルマンとメイクさん……どこ?

正社員たる者、ホッとするべからず

2014年3月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ご相談

とにかく部下が育ちません。何をどうしても、育ちません。 (40代男性)

 遙から

 私にはわからないことだらけだ。

 先日、ホテルでトークイベントがあった。自分で言うのも恐縮するが、ビューティートークショー系だ。公民館やホールでの行政主催の講演では、基本的に私はスーツ姿で身を固める。文化講演会という枠を意識してだ。だがこうしたトークイベントは違う。お勉強モードではなく最初からウキウキとお客さんは集まっている。

 「実物はどうなんだろう」
 「テレビより太っているのかしら」

 …などなど、女性客の思惑はワクワク感と共に手に取るように伝わる。だからその期待を高めていただけるよう、まあ、サービス精神でだが、女性客ばかりの場合にのみ私は、ほぼ裸に近いファッションをして登場することにしている。

裸で座っておけ、と?

 喋る前に、見て楽しんでいただくためだ。ステージに登場するなりの「キャー!」という歓声の一瞬に命をかけていると言ってもいい。そのために日頃から身体を鍛え、どんな衣装をも着こなせる状態を維持している。それが見られる商売の心意気というか、“見て楽しみ、喋って楽しんでもらう”が、“タレント”というワケのわからん肩書の役目だと私は理解している。

 ところがだ。そのイベント構成では私は客席に最初から座っていて、そこからステージへの登壇となっていた。私は担当者の男性スタッフに直訴した。

 「それは違います。ステージ横か、客席奥の扉からの登場にします。客席にじっと座るのはダメです」

 客は“ワクワク”を期待して来ている。その対象の人物が最初から客席に、他の客と地味に混ざっていてどうするのだ。

 「あれ、遙洋子じゃない?」
 「ほら、あそこに座っているの」
 「どこどこ」

 …で、そこに居るのがすっかり客たちに知られたうえで舞台に上がって、どう盛り上がれというのか。あるいは、「ほぼ裸に近いファッション」で客席にこっそり座っておけ、と?

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「ホテルマンとメイクさん……どこ?」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長