• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

STAP論文に“クロ判定”の波紋

広がる疑惑と変わらぬ「理研」信奉

2014年4月1日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 理化学研究所は新型万能細胞「STAP細胞」の論文に関する最終調査報告書で、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダーが捏造などの不正行為を行ったと認定した。世間ではSTAP細胞の存在自体に疑惑の目が向けられているが、「理研ブランド」は揺らいでいない。

 「世紀の大発見は捏造でした」。エイプリルフールのジョークにしては出来が悪すぎるだろう。

 理化学研究所は4月1日、新型万能細胞「STAP細胞」の論文に関する最終調査報告書を公表した。調査委員会は過去の論文からの画像転載など疑義があった2点について、小保方晴子・研究ユニットリーダーが「2件の不正行為を行った」と認定。リケジョ(理系女子)の画期的な発見として、世間を驚かせたSTAP細胞の信頼は完全に失われた。

「まことに遺憾に思います」。理研の野依良治理事長は会見の冒頭で頭を下げた(写真:村田 和聡)

 「STAP細胞の多能性を示す極めて重要なデータで捏造があった」。理研調査委の石井俊輔委員長は、同日の記者会見で小保方氏をこう断罪した。

 報告書によると、捏造と認定されたのは、小保方氏が今回の論文に自身の博士論文の画像を使いまわしていた事実。同時に遺伝子の実験画像を切り貼りした行為については「改ざん」と認定した。

「到底容認できない」と小保方氏

 小保方氏は会見に出席しなかった代わりに、コメントを発表した。最終調査報告書について「驚きと憤りの気持ちでいっぱいです。とても承服できません」と反発。捏造と認定された点については「単純なミス」と強調した。

 「あたかもSTAP細胞の発見自体が捏造であると誤解されかねず、到底容認できません」などと感情をあらわにした文言を繰り返した小保方氏。近日中に理研に対して、不服申し立てを行うことを明らかにした。

コメント16

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「STAP論文に“クロ判定”の波紋」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長