• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

格安「イオンのスマホ」、好発進

別の通信会社と協業する可能性も

2014年4月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「イオンが格安スマホ市場を切り拓く」。4月4日のイオンモール幕張新都心。ここに集まった報道陣に対し、イオンリテールの橋本昌一・デジタル事業開発部部長は、力強く宣言した。

イオンが販売するスマホの強みを説明する、イオンリテールの橋本昌一・デジタル事業開発部部長

 この日、全国のイオンなど約170店舗で発売されたのが「イオンのスマートフォン」。端末代込みで月額2980円という低価格の利用料金や、契約期間の縛りがないことなどが特徴だ。大手携帯会社で月額利用料が6000円~7000円程度と高止まりするなか、半額以下のスマホ料金を打ち出し差別化。さらに、2年単位での契約で割引プランを適用することが多い既存のサービスと異なり、いつ契約を打ち切っても解約金はかからない。

 最大の通信速度は毎秒200キロビット。メールやウェブサイトの閲覧などの利用が中心で、大容量通信が必要のない顧客層への販売を想定する。スマホ初心者となる主婦や学生、シニア層などの需要が多いと予測している。まずは全国で8000台を販売し、売れ行き次第で次の展開を考える。

 顧客への評判は上々だ。発売前の事前予約では、申し込みが殺到し、予約受付を早々に打ち切った店舗も3割近くあったという。

コメント4

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「格安「イオンのスマホ」、好発進」の著者

宗像 誠之

宗像 誠之(むなかた・せいじ)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション、日本経済新聞社産業部、日経コンピュータを経て、2013年1月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員