• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キヤノン、ロングセラーの憂鬱

好調な日本市場にも影

2014年4月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年のデジタルカメラ世界販売でキヤノンがシェア首位となった。しかし、スマートフォン(スマホ)の普及などを背景にカメラ市場は縮小が続く。唯一好調と言える日本市場も決して先行きが明るいわけではない。

最も売れている一眼レフカメラ「EOS Kiss X5」(東京都新宿区のビックロ)

 「市場縮小が一過性のものなのか、それとも消費者ニーズの変化なのか、正直分からない」

 キヤノンの関係者は深いため息をつく。ここで指しているのは、すでにスマホに市場が侵食され始めているコンパクトデジタルカメラではなく、一眼レフカメラやミラーレスなどレンズ交換式カメラのことだ。

 CIPA(カメラ映像機器工業会)によると、2013年のレンズ交換式カメラの出荷台数は2012年比15%減の1713万台。現行の統計方式に変更した2003年以降で初めてのマイナス成長となった。主要因は欧州、米国、アジアなど海外での販売減少。この3地域はそれぞれ2割前後市場が縮小している。「長引く景気低迷の影響」とする声もあるが、「本当にそれだけなのか」と懐疑的な見方も多い。今回キヤノンはレンズ交換式で11年連続シェア首位だったと発表したが、決して手放しで喜べる市場環境ではない。

 そんななか、驚くことに日本市場は絶好調だ。

 CIPAによるとレンズ交換式カメラの販売台数で、日本は2012年比27.4%増と大幅に伸びた。他市場と比較しても際立っていい。新製品効果に加え、スマホなどの普及で写真に触れる機会が増え、写真に興味を持つ若者が増えたことなどが一因と言われている。なぜ日本市場だけが、という疑問も残るが、カメラメーカー各社にとって頼みの綱となる数少ない市場の一つだ。

コメント6件コメント/レビュー

ミラー、シャッターのショックによる画像のぶれが予想以上であることが最近になってようやく検証されたそうですね。かねがねデジカメに不必要なこれらのメカニズムは淘汰されて消滅してゆくのが物の道理だと思っていました。フィルム上の像を見る方法がなかった時代に求められた一眼レフと言う構造がその必要がなくなった今でも最高級機種に居座り続けていることには高級機種のブランド戦略以外の合理的目標があると思えないので、早晩ミラーレス機で一眼を超える機種を最初に出したメーカーが次代の主導権を握ることになるのではないでしょうか。一眼レフデジカメを自己否定することができるメーカーがどこなのか、大変興味が湧くところです。(2014/04/21)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「キヤノン、ロングセラーの憂鬱」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ミラー、シャッターのショックによる画像のぶれが予想以上であることが最近になってようやく検証されたそうですね。かねがねデジカメに不必要なこれらのメカニズムは淘汰されて消滅してゆくのが物の道理だと思っていました。フィルム上の像を見る方法がなかった時代に求められた一眼レフと言う構造がその必要がなくなった今でも最高級機種に居座り続けていることには高級機種のブランド戦略以外の合理的目標があると思えないので、早晩ミラーレス機で一眼を超える機種を最初に出したメーカーが次代の主導権を握ることになるのではないでしょうか。一眼レフデジカメを自己否定することができるメーカーがどこなのか、大変興味が湧くところです。(2014/04/21)

カメラをステップアップすることは本筋ではない。入門機が売れていることは写真文化の裾野を広める意味で有意義。画素数を売り物にするセールスにも問題があるが、必要以上に買換えを煽ることは客離れを招くだけ。オーバースペックのカメラは写真愛好者以外には不要なのだから。(2014/04/21)

キヤノンユーザーだが最近のキヤノンの一眼レフの仕様には疑問ばかりがある。ユーザーの要求する仕様とキヤノンが売りたい仕様の乖離が激しい。例えば長年使っているEOS-7Dの後継は未だに出ない。本文にもある通りKISSの新機種はよく出るが売れるのは値落ちした旧機種ばかり。EOS-1DXもハイスペックの割にイマイチだ。キヤノンの明確な方針がユーザーに伝わらず(伝えず?)一人よがりな製品ばかり連発しているイメージが有る。それなら値段の落ちた旧機種でも仕様も性能も十分となる。普通のユーザーにはそれで十分なのだから。ミラーレスのM,M2が極めつけだ。最後発なのに小さい以外の特徴が何もなくしかも使いにくい上に遅い。いかにもとりあえず出してみましたみたいなやる気のない中途半端な製品。今は良いかも知れないが数年後のキヤノンは見捨てられるのでは無いかと心配になる。(2014/04/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員