• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

500年後にもジブリ映画を 

映画用フィルム 保存用に活路

2014年5月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 映画のデジタル化が進み、映画用フィルムが衰退の一途をたどっている。富士フイルムは上映・撮影用フィルムの販売をすでに終了した。そんな中で、新たに「保存用」としてフィルムを活用する動きが出始めている。

 昨年公開されたスタジオジブリの「風立ちぬ」。ゼロ戦の設計者、堀越二郎の半生を描いた作品だ。宮崎駿監督が手掛ける最後の作品ということもあり注目度は高く、興行収入120億円を超える大ヒットになった。

 この作品を後世にも伝えたい――。そんな想いから、スタジオジブリは「風立ちぬ」の映画データの保存に、富士フイルムが開発したある技術を採用することを決めた。それは、今や映画業界では風前の灯火となりつつある「フィルム」を活用した技術だ。

 フィルムを使った映画は、デジタル化の波に押されて消えつつある。デジタルでの撮影は、大きな機材が必要なく何度も撮り直しができるほか、3D(3次元)への対応も可能。コスト面や利便性など多くの点でフィルム撮影よりもメリットを持つ。フィルムでしか出せない味わいなど、独特な表現にこだわる監督も少なくないが、時代の流れは着実にデジタルへと移りつつある。

 日本映画製作者連盟によると、2010年に29%だったデジタル上映対応の映画館の比率は、わずか3年で約96%にまで高まった。フィルム上映のスクリーンは現在、4%にまで落ち込んでおり、地方では廃館となる映画館も相次いでいる。

デジタル上映のスクリーンが急増している
●全国の映画館のうちデジタル上映の比率
出所:日本映画製作者連盟

コメント7件コメント/レビュー

フィルムで保存するメリットが無い。保存体が一つなら焼失、盗難のおそれがある。ということは、結局分散して複数保管する必要がある。だが、それならデジタルデータを複数分散しておくのとなんら変わらない。コスト面を考えるとフィルムが圧倒的に不利。(2014/05/15)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「500年後にもジブリ映画を 」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

フィルムで保存するメリットが無い。保存体が一つなら焼失、盗難のおそれがある。ということは、結局分散して複数保管する必要がある。だが、それならデジタルデータを複数分散しておくのとなんら変わらない。コスト面を考えるとフィルムが圧倒的に不利。(2014/05/15)

どのような技術を使っても経年劣化は起き得る。アナログ保存の場合,当初の解像度を保つのはきわめて困難ではないだろうか?500年の保管の間,温湿度を一定に保つこと自体が極めて高いコストになりかねないと思う。  デジタルの場合,記録に使われた技術規格が明確であるならば再現性は100%。また,(法的なところは置いておいて)技術的にはコピーも容易。従って,保管を冗長化すればデータロストのリスクはアナログ保存以上に低めることができるはずだ。500年後に使われていない技術でも,その詳細仕様が500年後に残っていれば再生は容易。この方がよほど現実的に見えるのだが,一度デジタル化した情報をアナログで残すメリットは他にあるのだろうか?(2014/05/15)

デジタルデータの保管に際して、一旦一つのメディアに記録したものが存続できる期限を、作品を保管できる期限と定義することには違和感を覚える。デジタルメディアは常に技術革新を経て進化、変化しており、同じメディアに保管し続けることは非効率でしかない。デジタルデータは、安全に全く同一のコピーが可能なのだから、メディアの劣化、進化、変化に応じて次々に入れ物を移し替えてゆくことが当たり前と考える。それに対してフィルムに焼いて保管期限を延ばすという発想には、無意味とは言わないまでも、そのやり方で本当に目的を果たせるとは思えず、ノスタルジーなイベントの一つとしか思えない。本当にその気ならば、デジタル保管の組織・施設を作り、データを適切に保管し、適宜時代に合ったメディアにコピーして永続させる管理体制を整えることが本来のやり方だろう。フィルムにしても、いかに技術革新をうたおうとも、永い保存実績があるわけでもなく、石にでも刻まない限り、長期間の保管ができるとは言い切れまい。(2014/05/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO