• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ロボットに「感情」は必要なのか

ソフトバンク「Pepper」と対話した

2014年6月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ヒト型ロボット「Pepper」を発表する孫社長。左は共同開発した仏ロボットベンチャー、アルデバランのブルーノ・メゾニエCEO

 「みなさんはじめまして。ペッパーと申します。本日はお忙しい中お集まり頂きありがとうございます」

 6月初旬、千葉県で開催したソフトバンクの新規事業発表会。この日の主役は孫正義社長でも白戸家の白い犬でもなく、一体のヒト型ロボットだった。孫社長と流暢に言葉を交わすそのロボットは、人の表情や会話のトーンから「感情」を理解できる新しいロボットだ。

 「人類史上初めて我々がロボットに感情を与える」

 「人類にとっての転換点だ」

 25年来の夢だったというロボットのお披露目に、孫社長の言葉にも力がこもる。

 ロボットはここ数年で目覚ましい進化を遂げている。「認識する」「判断する」「行動する」の基本動作は高い水準で実現できており、福島原発や災害現場などで実際に活躍しているロボットも多い。

 産業分野では、サイバーダインやアクティブリンクなどが開発するロボットスーツが新しいジャンルとして注目されている。自動お掃除ロボット「ルンバ」のように数万円で購入できる家庭用ロボットが登場するなど、身近な存在にもなりつつある。

 ロボットと感情について研究する学者は多いが、ビジネスに結び付けようとする動きはこれまでなかった。「人類の転換点」は少しオーバーな表現のような気もするが、今回ソフトバンクがペッパー君に感情を与え、しかもそれを20万円弱で家庭向けに発売するということは業界の中では大きな動きと言える。

 しかし、感情といってもその定義は曖昧だ。ペッパー君の感情レベルは果たしてどの程度なのか。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ロボットに「感情」は必要なのか」の著者

齊藤 美保

齊藤 美保(さいとう・みほ)

日経ビジネス記者

2011年中央大学法学部卒業。同年、日本経済新聞社に入社。産業部にて電機、IT、自動車業界を担当した後に、2014年3月から日経ビジネス編集部に出向。精密業界を中心に製造業全般を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)