• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドラッグ店が「コンビニ決戦」

東京・小岩、流通企業の実験場に

2014年6月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 東京都・小岩で、小売業の新しい競争が始まった。ドラッグストアとコンビニの融合店同士が、わずか50mの距離でしのぎを削る。現代のライフスタイルに合う、新たな業態は誕生するのか。業界の注目が集まる。

6月24日に開業したコクミンとファミリーマートの一体型店

 ドラッグストアチェーン、コクミンの絹巻秀展社長は6月24日、シャツ姿の通勤客に交じって新店の船出を静かに見守っていた。東京都江戸川区にある、JR総武線小岩駅の駅前。下町の雑然とした雰囲気が残るその場所で、「コクミンドラッグ小岩駅前店」は「ファミリーマート+コクミンドラッグ」に生まれ変わった。コクミンが、コンビニエンスストア大手のファミリーマートとフランチャイズ契約を結んで展開する「一体型店」の第1号だ。

「また改装するの?」

 この店が改装したのは、この1年で2度目だ。新店の開業前、約1カ月にも及ぶ工事を見て、近隣の住民はいぶかしんでいた。「昨年も数週間店を閉じていたばかり。今回は潰れてほかの店になると思った」という人もいる。

 だが店頭に改装後の店名が張り出されるのを見て、住民らは膝を打つ。「そうか、すぐそこのサンドラッグに対抗するのか」。

 実はこの融合店の50メートルほど先には、昨年7月にドラッグストア2位のサンドラッグが開業した業界初の「新型店」がある。ドラッグチェーンが自前で運営する、初めてのコンビニだ。

昨年7月にサンドラッグが開業したコンビニ

 同店の営業時間は、朝の7時から夜11時までと、一般的なドラッグストアからすれば長め。生鮮食品や弁当、雑誌類、揚げ物などの軽食を販売するほか、銀行ATMや宅急便受け付けなどのサービスも備える。

 一方で通常の日用品や飲料はスーパー並みの価格に設定している。コンビニの利便性と、ドラッグの医薬品関連の品ぞろえおよび日用品の価格競争力。両者の強みを生かす狙いが見て取れる。

 コクミンの絹巻社長は「他社のコンビニ型店の存在は、今回の改装と関係がない」と話す。だが、ファミマの本多利範・常務執行役員は「サンドラッグとの競合に勝てば、今後の出店余地が広がる」とする。少なくともファミマ側には、小岩駅前店をコクミンとの共同運営「1号店」に選んだ理由の一つに、サンドラッグへの対抗意識があるのは確かだ。

コメント1件コメント/レビュー

コンビニにあってドラッグストアにないもの=深夜営業と弁当雑誌。その逆は値段の安さと豊富な品揃え。普通ならドラッグに行くけど。(2014/06/25)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ドラッグ店が「コンビニ決戦」」の著者

中川 雅之

中川 雅之(なかがわ・まさゆき)

日本経済新聞記者

2006年日本経済新聞社に入社。「消費産業部」で流通・サービス業の取材に携わる。12年から日経BPの日経ビジネス編集部に出向。15年4月から日本経済新聞企業報道部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コンビニにあってドラッグストアにないもの=深夜営業と弁当雑誌。その逆は値段の安さと豊富な品揃え。普通ならドラッグに行くけど。(2014/06/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員