• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

京町家、救世主は外国人

2014年6月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

オーストラリアから来たブラウン一家は町家ホテルに1週間滞在する(写真:菅野 勝男、以下同)

 紅殻格子にしっくい壁――。京都・祇園にほど近い場所に、風流なたたずまいのその町家はある。軒先にかかったのれんをくぐって室内に入ると、出迎えてくれたのは、豪州から来た6人のブラウン一家だった。

 この町家、実は住宅ではない。エイジェーインターブリッジ(東京・新宿)というベンチャー企業が運営する宿泊施設「町家レジデンスイン」の1つで、「有済はとば庵」という名称を持つ。エイジェーインターブリッジは投資家から集めた資金を使って古い町家を買い取り、リノベーションして簡易宿泊施設として蘇らせる。

 とはいえ、中に入っても受け付けのカウンターがあるわけではなく、あくまで設備は普通の一軒家。一家はあがりかまちで靴を脱ぎ、畳敷きの居間では地べたに座る。この「伝統的な日本の住宅っぽさ」が人気を博し、町家レジデンスインの利用者のうち7割を外国人が占めている。

 外国人の利用者が多いとなると、彼らが使いやすい用に内装を変えたりしそうだが、この町家は天井が低く、階段は狭くて急。一見すると身体の大きな海外の人には使いにくそうだが、ブラウン一家の父は「イメージ通りの日本住宅で、いかにも京都っぽくて、とっても気に言っている」と話す。

コメント2件コメント/レビュー

宿泊施設に転用された京町屋は、改造されています・「なんちゃって」京町屋です。そもそもなぜ京町屋を残さないといけないのでしょうか。宿泊施設の転用は少しで足ります。住んでもらうのが一番ですが、古くて耐震でない京町屋は耐震改造か新築が必要です。今のままなら宿泊施設にも住宅にも使えません。観光向けの一方的な市条例を改めて、住民・所有者が改築・新築をし易して住む人を増やすことが先です。(2014/06/30)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「京町家、救世主は外国人」の著者

中 尚子

中 尚子(なか・しょうこ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞入社後、証券部で食品やガラス、タイヤ、日用品などを担当。財務や法務、株式市場について取材してきた。2013年4月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

宿泊施設に転用された京町屋は、改造されています・「なんちゃって」京町屋です。そもそもなぜ京町屋を残さないといけないのでしょうか。宿泊施設の転用は少しで足ります。住んでもらうのが一番ですが、古くて耐震でない京町屋は耐震改造か新築が必要です。今のままなら宿泊施設にも住宅にも使えません。観光向けの一方的な市条例を改めて、住民・所有者が改築・新築をし易して住む人を増やすことが先です。(2014/06/30)

「本物の町家」ではないが、観光資源として有効活用できる進化版といったところでしょう。本当の町家は生活が大変ですからね。町並みも京風に残るのだから良いことですね。(2014/06/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長