• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

JINSウェアラブルに100社以上が熱視線、田中社長秘話語る

2014年7月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内外に驚きを与えた“自分を見るアイウェア”「JINS MEME(ジンズミーム)」。メガネ中央のセンサーが目の動きを検知し、疲れや眠気といった情報をスマートフォンに送るメガネ兼用のデバイスで、来年春に発売予定だ。発表から約2カ月、ジェイアイエヌ(JIN)の田中仁社長は「国内外の100社以上から協業などの話が来ている」と明かした。開発に至る経緯から今後の戦略まで、田中社長が“秘話”を語る。

(聞き手は井上理)

「JINS MEME」のお披露目発表会は300人以上の関係者が集まり、世界中で報道されるなど注目度が高かったですね。

田中:我が社の企業規模からすると、けっこう振りきった発表会だったんですよ。何しろ製品が「世界初」だったので、今自分たちがやるべきこと、やれることを全部投入しようということで、費用が積み上がった。従来の3~5倍の経費がかかりました。

 結果は大成功で、メディアは我々が想定していた数より何十社も多く来てくれた。国内だけではなく、米ウォールストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ始め、欧米の主要メディア、それからアジアも含め、かなり世界的に広まったんですよ。「米国発売が発表されなかったことは残念だ」みたいに報じてくれて。

 協業先と成り得るであろう企業さんにもお声がけしていたのですが、こちらも、実際には想定を数十社超える数にいらしてもらえました。

「誰もが知るシリコンバレー大手」も参加

協業先と成り得る企業は、情報開示して招待したのでしょうか?

田中:メディアと同じで、「ウェアラブルの先」というキャッチコピーで、様々な企業さんをご招待したんです。例えば、誰もが知るビッグなシリコンバレー大手から、国内の電機メーカー大手、携帯電話会社、自動車メーカーにも来ていただきました。

その後に来た協業の打診や具体的なアポイントの要請は?

田中:これ、言っていいのかな。100社以上ですかね。国内外から話をしたいということで来ています。民間企業だけではなく、欧米の医療関係機関などからもアプローチがありました。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「JINSウェアラブルに100社以上が熱視線、田中社長秘話語る」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員