• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ベネッセHD、原田泳幸社長が「青いネクタイ」で謝罪したワケ

いつもの「赤」で挑めなかった情報漏洩会見の「弱気」

2014年7月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

顧客情報の漏洩について、都内ホテルで会見したベネッセHDの原田泳幸会長兼社長(右)。就任直後に難題にぶち当たった(写真:朝日新聞社)

 7月10日、都内のホテルに現れたベネッセホールディングス(HD)の原田泳幸会長兼社長は、勝負時の会見で必ずと言ってよいほど身に着けてきた赤のネクタイではなく、紺色とシルバーのストライプのネクタイを締めていた。

 この日、原田社長が出席したのは、ベネッセHDが開いた記者会見。会見では「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」などのサービスを利用する一部の顧客の情報が流出したと説明し、冒頭と最後の2度、頭を下げて謝罪した。

 ベネッセHDが流出した顧客情報は、これまで確定したものだけで760万件。最大で2070万件に達する可能性もある。ベネッセHDにしか提供していない情報を基に、「知らないIT(情報通信)企業からDM(ダイレクトメール)が来た」と、複数の消費者から問い合わせがあったことで問題が発覚した。

 具体的に流出したのは、顧客の氏名や住所、電話番号や生年月日など。原田社長は「クレジットカード番号や成績情報など、プライバシーや金銭に関するセンシティブな情報ではないため、金銭的な補償はしない」としている。

 原田社長の謝罪会見と言えば思い起こされるのが、日本マクドナルドホールディングスで社長を務めていた2007年のこと。東京都内の複数の店舗でサラダの調理日時を貼り替えて発売していたことが発覚し、状況や対応の説明に追われた。

コメント18

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ベネッセHD、原田泳幸社長が「青いネクタイ」で謝罪したワケ」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

中 尚子

中 尚子(なか・しょうこ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞入社後、証券部で食品やガラス、タイヤ、日用品などを担当。財務や法務、株式市場について取材してきた。2013年4月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

開発スピードは速くもなんともない。何が速いかと言えば、ジャッジですよ。

大山 健太郎 アイリスオーヤマ社長