• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

W杯ブラジル大会で浮き彫りになった日本の病巣

このままでは今後も惨敗が繰り返される

2014年7月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 延長戦にもつれ込んだ熱戦を1―0で制したドイツの優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップのブラジル大会。ドイツやオランダなどの強豪が華麗なプレーでファンを魅了した一方、日本は1勝も挙げることなく、グループリーグで姿を消した。

 大きな期待を集めていたチームのどこに問題があったのか。日本経済新聞論説委員などを歴任したベテランジャーナリストが、サッカー関係者への取材を基に、惨敗の“真因”を探った。

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で6大会ぶり4度目の優勝を果たしたドイツ代表(ロイター/アフロ)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会が終わった。

 日本時間14日の早朝に行われた決勝戦は、ドイツ―アルゼンチンの壮絶な闘いとなり、延長戦の末、ドイツが1―0で勝利し、5週間の全日程を終えた。優勝したドイツは今後4年間、覇者として世界中で数十億人に達すると言われるサッカープレーヤーの頂点に君臨する。この世界最大の競技会特有の栄誉に加え、今年の大会は、サッカーという競技の中身にとっても歴史に残る転換点として後世に記録されることになるだろう。

 王国ブラジルの惨めな大敗も衝撃的だったが、それ以上に決勝を戦った両国は、サッカーの原点が格闘技であることを見る者に思い出させた。接触を恐れぬ激しいプレー。それを支えるのは技術に裏打ちされた勝利への貪欲な執念である。そこで選手たちは躍動し、新しい思想と技術が生まれ、世界は進歩していく。そのことを見る者の誰もが実感したのが今回の大会だった。

W杯での惨敗で問われる日本という「国」のあり方

 1次予選で惨敗した日本は、その対極にあった。華やかな強国の闘いに取り残された末、「日本」という国のあり方を問う課題を胸元に突きつけられて敗退した。

 大会前は、根拠もなく「優勝を狙う」と国を挙げてサッカーバブルに浮かれたにもかかわらず、敗戦後は手のひらを返したように国民の熱気は冷めていく。敗因も分からぬまま、指導者は責任を取らない。いつかどこかで見た光景。「サッカーは文化である」と誰かが言ったが、これが日本の文化だとしたら深刻だ。

 世界と日本の間に横たわる溝はあまりに深い。日本チームの敗因は、日本のサッカーが情報を拒否して世界の潮流から取り残され、その事実に目をふさいだまま住み慣れた閉鎖的な村社会に閉じこもってきたことに尽きる。国際感覚の欠落である。それを検証するために、まずは大会を振り返ってみよう。

 優勝したドイツの闘いぶりには、この4年間の世界のサッカー界で進んだ高度な質的変化が詰め込まれていた。ドイツは、過去に様々な国が追求してきた様々なサッカー戦術を総合して集大成し、磨き上げたといってもいい。

 相手エースの攻撃を封じ込める強力な守備。瞬時にして守りが攻めに転じる組織的な連動。猛烈なスピードでグラウンド(ピッチ)全面に展開する反撃の力。相手守備陣のタックルにも簡単には倒れない強靱な体力と、最後に一瞬のチャンスを逃さずシュートをたたき込む感性と技術。その戦いぶりはとてつもなく激しい。言葉を選ばずに言えば、どう猛と言ってもよいくらいの鮮烈な印象を観衆に与えた。

コメント66件コメント/レビュー

何をくだくだ述べているのだろうか?日本が負けた原因は、弱いからである。はいおしまい。日本の実力はWCに出れればよい方であり、トーナメントに出たら、大成功である。問題は優勝すると言う一部選手の「たわごと」をマスコミが広め、それに反対する専門家をテレビから追い出したことである。日本のような弱小チームが攻撃的サッカーなどすれば、大量点を取られるのが当然であり、日本らしいサッカーなど言わずに、カウンターサッカーをし、セットプレーで点を取るという「古くさい」サッカーを「照れずに」行なうことだ。そもそもパスサッカーが日本らしいサッカーとは思わない。日本は昔はドイツなどの北欧のサッカーを目指したのである。いつのまにか南米や南欧を理想とする勢力に席巻されただけで、日本のサッカーは組織的な守備から負けないサッカーをするのが、昔ながらの「日本らしい」サッカーである。(2014/07/23)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「W杯ブラジル大会で浮き彫りになった日本の病巣」の著者

吉野 源太郎

吉野 源太郎(よしの・げんたろう)

ジャーナリスト

1943年生まれ。東京大学文学部卒。67年日本経済新聞社入社。日経ビジネス副編集長、日経流通新聞編集長、編集局次長などを経て95年から論説委員。2006年3月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

何をくだくだ述べているのだろうか?日本が負けた原因は、弱いからである。はいおしまい。日本の実力はWCに出れればよい方であり、トーナメントに出たら、大成功である。問題は優勝すると言う一部選手の「たわごと」をマスコミが広め、それに反対する専門家をテレビから追い出したことである。日本のような弱小チームが攻撃的サッカーなどすれば、大量点を取られるのが当然であり、日本らしいサッカーなど言わずに、カウンターサッカーをし、セットプレーで点を取るという「古くさい」サッカーを「照れずに」行なうことだ。そもそもパスサッカーが日本らしいサッカーとは思わない。日本は昔はドイツなどの北欧のサッカーを目指したのである。いつのまにか南米や南欧を理想とする勢力に席巻されただけで、日本のサッカーは組織的な守備から負けないサッカーをするのが、昔ながらの「日本らしい」サッカーである。(2014/07/23)

非常に面白いコラムだった。フットボールやサッカーには興味ないけどわかりやすい。さらに面白いのはコラムに批判的な返信のおおいこと。日本人はサッカー好きだったんですね。このコラムのとおりだと今後も惨敗するんでしょうけど。(2014/07/22)

>国のプリンシプルである憲法の中身さえぐらつき始めている日本で、サッカー代表だけに原則の堅持を求めるのは酷なことなのかもしれない(中略)白井聡(文化学園大学助教)は、日本が第二次大戦の戦争責任を巡る議論を避け続けたために、その後の様々な問題への対処を誤ったと指摘する。たかがサッカー記者が、勝手に政治問題を(誤って)引用して、サッカーの試合の敗戦理由を政治や文化に帰する小賢しい記事を、経済新聞の雑誌媒体で掲載するのは、本紙で書けない恨みでもあるのか。大体集団的自衛権の問題は、仮想敵国プラス韓国以外は歓迎しているのだ。(2014/07/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長