• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

週休4日の「ゆるい」就職

単なるモラトリアムの延長ではない

2014年7月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

若者の働き方の先端を追求する、若新雄純・慶応義塾大学特任助教

 「週休4日、月収15万円」。若者向けとしては特異な働き方を売り物にする、新しい就職サービスが始まる。

 サービス名は「ゆるい就職」。手がけるのは人材派遣会社のビースタイルだ。対象は新卒の学生から25歳以下。応募してきた若者を、ビースタイルは人材派遣・紹介することによって収益を上げる。

 派遣先・紹介先企業は、首都圏のベンチャーやIT企業を中心に約20社を予定。アプリ開発大手や不動産サービス、通信企業、ベンチャーなど、ITを中心に様々な業種の企業が関心を示しているという。

 ウェブサイトで応募を受け付け、9月に説明会を開催する予定。70~100人程度を想定している。その後、若者によるコミュニティを作って就職観などについて議論を深めた後、11月に企業とのマッチングイベントを開く計画だ。就職活動中や就職後も意見交換が可能なコミュニティを形成することで、新しい働き方を模索していく。

「ゆるい」のは勤務形態だけ

 これまで当たり前だった週5日勤務に対する、アンチテーゼとも言える取り組みを今、始めるのはなぜか。プロジェクトを率いる宇佐美啓氏は「若者にとって、人生や職業を模索するためのモラトリアム期間の延長となる。企業側も多様な就労モデルの検討を進めている」と背景を説明する。

 「ゆるい就職」という名称ではあるが、若者の甘えにおもねったサービスというわけではもちろんない。ゆるいのは、週休4日という勤務形態だけ。そこに飛び込む若者にとってはむしろ週3日勤務できちんと成果をあげられるかが、問われることになる。

 週休4日ということは、週3日勤務だ。この取り組みの本質的な意味は、仕事とプライベートという公私の主従が逆転することにある。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「週休4日の「ゆるい」就職」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士