• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

笹井氏自殺で遠のく真相解明

日本の再生医療、停滞の恐れ

2014年8月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長が5日、首をつった状態で見つかった。小保方晴子研究ユニットリーダーの論文指導を務めた笹井氏の自殺は、ようやく動き始めたSTAP細胞の真相解明に影を落とす。再生医療の停滞を招く恐れもある。

4月に記者会見した理研CDBの笹井芳樹副センター長(撮影:的野弘路)

 「男性が首をつっている。うちの職員だと思う」

 5日午前9時2分、兵庫県警に震えた声で110番通報が入った。声の主は神戸市にある先端医療センターの職員。5階の階段手すりにかけたひもで首をつった状態でぶら下がっている男性を発見した。

 男性はすぐに神戸市立医療センター中央市民病院に搬送されたが、その2時間後に死亡が確認された。

 「遺体はきれいな状態だった」(捜査関係者)といい、首をつってから比較的早いタイミングで、職員に発見されたとみられる。

 死亡したのは、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長。理研の総務課長、人事課長宛ての遺書が秘書の机の上で、それとは別に3通の遺書が現場に残されていたこと、現場に不自然な痕跡がないことなどから、兵庫県警は自殺とみて捜査を進めている。

 同日、笹井氏の妻と兄の2人が遺体に対面した。享年52歳。突然の早すぎる死に、2人は憔悴しきった様子だったという。

コメント15件コメント/レビュー

ドイツ在住者です。この国の技術力の素晴らしさは、フラウエン・フォーファー研究所などを通じ、若い世代に活躍の場を設けていることに始まっていると思います。笹井教授は理研をフランエン・ホーファー研究所の様な機関に育てるという志をお持ちだったと思います。その機関に裏切られた様な形になってしまい、どんなにか無念でおられたと思います。理研は”何が大切なのか”を見極めて、マスコミから笹井教授を死守すべきだったと思います。研究内容もわからないのに、”失楽園”だとか愚かなことを堂々と描いている記者、自分の身を守ることしか念頭にない研究者が残る日本、ほとほと将来が心配です。(2014/08/06)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「笹井氏自殺で遠のく真相解明」の著者

林 英樹

林 英樹(はやし・えいき)

日経ビジネス記者

大阪生まれ。神戸大学法学部卒業後、全国紙の社会部記者として京都・大阪で事件を取材。2009年末に日本経済新聞社に入り、経済部で中央省庁担当、企業報道部でメディア・ネット、素材・化学業界などを担当。14年3月から日経BP社(日経ビジネス編集部)に出向し、製造業全般を取材している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

田中 深一郎

田中 深一郎(たなか・しんいちろう)

日経ビジネス記者

日経新聞科学技術部、証券部を経て、2012年4月より日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ドイツ在住者です。この国の技術力の素晴らしさは、フラウエン・フォーファー研究所などを通じ、若い世代に活躍の場を設けていることに始まっていると思います。笹井教授は理研をフランエン・ホーファー研究所の様な機関に育てるという志をお持ちだったと思います。その機関に裏切られた様な形になってしまい、どんなにか無念でおられたと思います。理研は”何が大切なのか”を見極めて、マスコミから笹井教授を死守すべきだったと思います。研究内容もわからないのに、”失楽園”だとか愚かなことを堂々と描いている記者、自分の身を守ることしか念頭にない研究者が残る日本、ほとほと将来が心配です。(2014/08/06)

笹井氏への敬意を一つも感じないのはなぜ?少なくとも,亡くなった方への何らかの哀悼の意を表するべきではなかったか。  たらればだが,もし笹井氏がこのプロジェクトに参加していなければ,普通の研究者の長として仕事をしていれば,このようなことにはならなかっただろうし,マスコミや世間から批判を受けることもなかったはずだ。また,マスコミであれば,笹井氏が鬱などの精神疾患に苛まれていたことも知り得たはず。何かちょっと,という感じの記事だ。(2014/08/06)

理研は役所仕事の典型に見える。ネーチャー誌は笹井氏共著の論文だからと信用して掲載したのでしょう。逆に言えば、笹井氏の名前でネーチャー誌に掲載した。その責任は重いでしょう。信用した部下が余りにお粗末でその後始末が膨大であったということなのでしょう。しかし、それにしても、追い込んだのは、理研の役所体質だと思う。逃げた連中が大勢いるに違いない。(2014/08/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授