• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

氷水かぶった孫社長「寒いけど熱い!」

広がるALSチャリティー

2014年8月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 20日午前9時30分過ぎ、ソフトバンクの孫正義社長は居並ぶ報道関係者や社員の前で、頭から氷水をかぶり、ずぶ濡れになった。前日の夕方に急きょ、インターネット上で流行る米国発のチャリティー活動に参加することが決まったためだ。

氷水をかぶる孫正義社長(写真=陶山勉、以下同)

 氷水をかぶった動画をネットで公開し、難病「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」への理解や寄付を呼びかける活動「アイス・バケット・チャレンジ」が急速に広がりを見せている。この1週間で米国から中国、そして日本へと飛び火してきた。

 主にIT業界の著名人に広がっており、米国ではマイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、アップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOらが次々と氷水を浴びた。中国では、新興スマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)の雷軍CEOなど、IT関連の大物が続いた。

 氷水を浴びる動画をネットに投稿し、次にかぶる3人を指名するのがルール。指名された人は24時間以内に水を浴びて投稿するか、米ALS協会に寄付をすることになっているが、水を浴びて寄付もする著名人が多い。

 19日、台湾のフォックスコン(鴻海=ホンハイ)の郭台銘(テリー・ゴウ)董事長から指名を受けた孫社長は、ツイッターで氷水を浴びることを宣言した。フォックスコンは、ソフトバンクが開発中のロボット「Pepper(ペッパー)」の製造を担当しており、テリー・ゴウ氏と孫社長は友人関係でもある。

「体を張って、協力したい」

 東京・汐留のソフトバンク本社25階にある社員食堂に孫社長が姿を見せると、100人以上の社員が歓声とともに拍手で迎えた。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「氷水かぶった孫社長「寒いけど熱い!」」の著者

井上理

井上理(いのうえ・おさむ)

日経ビジネス記者

1999年慶応義塾大学総合政策学部卒業、日経BPに入社。以来、ネット革命などIT業界やゲーム業界の動向を中心に取材。日本経済新聞への出向を経て2014年4月より日経ビジネスの電機・ITグループ

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック