• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アップル腕時計を買う理由とは

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2014年9月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アップルが9日、新製品を発表した。スマートフォン「iPhone」の新モデル2機種と独自のモバイル決済サービス、そして長く憶測を呼んできた腕時計型端末「アップルウオッチ」が、ついに明らかにされた。

アップルが発表した新製品

 スマホ新機種の「iPhone6」と「iPhon6プラス」は、画面サイズがそれぞれ4.7インチ、5.5インチと、前モデルの「iPhon5」(4インチ)より大型化したのが特徴だ。薄さや各種パーツの性能、質感など、着実に端末の完成度は高まったものの、その変化は「改善」の域を出ず、「革新」と呼べるものではなかった。

 両機種に搭載した近距離無線通信規格の「NFC」を利用し、店頭で端末をかざすだけで支払いができるモバイル決済サービス「アップルペイ」も公表された。しかしこちらも、「おサイフケータイ」に慣れ親しんだ日本の利用者にとっては、特段の目新しさはない。やはり、今回の発表で最大の注目は、アップルウオッチの実力だ。

いまだ期待先行のウエアラブル

 2015年初めに発売を予定するアップルウオッチは、基本モデルに、「スポーツ」と「エディション」を加えた3モデルを用意した。iPhoneと連携し、手元でメッセージを送受信したり、電話に応答したりできる。心拍数のデータが取得できるなど、ヘルスケアやフィットネス関連のアプリも搭載している。

 米グーグルのメガネ型端末「グーグル・グラス」の登場などで今度こそ離陸すると思われたウエアラブル市場だが、現状は推進力を欠いている。アップルの発表を見たソニーのモバイル事業幹部は、「アップルがウエアラブル市場を盛り上げてくれるのは大歓迎だ」と期待する。しかし、この新端末がウエアラブル市場とアップル成長の起爆剤になりえるかと言うと、その道のりは険しそうだ。

 一般に「スマートウオッチ」と呼ばれる腕時計型端末の分野には、米ペブルや韓国サムスン電子など、先行するライバルが多数存在する。異業種やベンチャー企業からも、ヘルスケア機能などに特化した端末を投入する動きが相次いでおり、なかなか拡大しない市場に比して、既に過熱感がある。確かにアップルの新端末は、金属を素材に使って質感を高めた点や、時計のネジで画面をスクロールする機能など、一部に同社らしいこだわりが見られた。それでも、ハードウエア面で差別化するだけでは、349ドル(約3万7000円)という価格の高さを乗り越えてマス市場を開拓する決め手には欠く。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授