• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「リニアに乗ってみた!」 試乗会で体感した異次元の世界

時速500キロの体験を動画でお届けします

2014年9月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 飛行機の離陸時のように背中を押されるような「G(重力加速度)」が加わると、ふいにお尻が持ち上がるようにふわりと浮き上がった。ぐんぐん加速するリニア。速度が時速500キロに到達すると、この時速を保ったまま約2分間、実験線を疾走した──。

高架橋を走り抜けるリニア

1分26秒あたりでリニアが現れます

ここは飛行機の搭乗口?

 本日9月22日、山梨県都留市にある山梨リニア実験センターで、リニア中央新幹線のメディア向け試乗会が開催された。記者は午後の試乗会に参加。超伝導リニアの未知の世界を体感した。

 ざっと時系列に描写しよう。正午、実験センターに集合。実験センターには初公開の「駅」が構えられていた。しかし、現状の新幹線の駅とは、構造がかなり異なる。金属探知機のゲートでチェックを受け、発券機でチケットを入手するデモンストレーションもこの日、行われた。二次元バーコードを乗車ゲートにかざし、駅の待ち合いに入る仕組み。安全面を考えてホームには出られない構造になっている。

 リニアが到着すると飛行機に搭乗する時に使用するパッセンジャー・ボーディング・ブリッジのようなゲートがニョッキと伸び、車体に接続。乗客はこの中を通って車内へと進入する。乗車の一連の流れは飛行機の搭乗を簡素化したようなイメージだ。

駅施設に入る時、金属探知機を通過する

コメント4

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「リニアに乗ってみた!」 試乗会で体感した異次元の世界」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

日経おとなのOFF副編集長、浄土宗僧侶

京都市景観市民会議委員(2016年)、佛教文化学会会員。 1974年生まれ。成城大学文芸学部卒業後、報知新聞社へ入社。2005年日経BP社に入社。日経ビジネス記者などを歴任。2016年4月より日経おとなのOFF副編集長。浄土宗僧侶の顔も持つ。正覚寺副住職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長