• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

マイナースポーツ、前途多難

東京五輪の意識調査を実施

  • 日経BPコンサルティング

バックナンバー

2014年10月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経BPコンサルティングは「体育の日」となる10月13日、「スポーツ・オリンピック意識調査2014」の結果をまとめた。この調査は、全国の一般消費者550人に対して、2020年の東京五輪における競技候補を中心に選んだ31競技の認知度や興味・関心、イメージなどを調べたもの。調査は、2014年9月17日~21日にかけて実施した。

東京五輪への興味・関心は全体の6割

 同調査ではまず、五輪に対する興味・関心を5段階評価でたずねた。2020年東京五輪に関し、「ある」「まあある」と回答したのは、全体の62.7%だった。興味・関心の違いを年代別でみると、20代以下が56.8%と最も少ないのに対し、60代以上では最も多く68.9%。年代が上がるにつれて徐々に増え、20代以下と60代以上で12.1ポイントの差があった。また、月1回以上運動をしている人と運動をほとんどしていない人で比べた場合、運動している人の中での興味・関心は76.4%であるのに対し、運動をしていない人の中での興味・関心は53.6%。22.8ポイントもの開きがあった。

■オリンピックへの興味・関心
(表側項目はデータ集より抜粋)

「日本選手の活躍」が最も期待

 五輪で行われる競技・種目に期待し、楽しみにすることについてたずねた。5項目中で最も多かったのは「日本選手の活躍」で70.2%、2番目に多かったのは「自分で経験したことはないが関心のある競技・種目」で25.1%、3番目に多かったのは「海外の選手の活躍」で19.6%であった。

■オリンピックで行われる競技・種目に期待し、楽しみにすること
(表頭・表側とも項目はデータ集より抜粋)

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員