• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

その晩御飯、いくらの値打ちがありますか?

疲れた人のための安らかなひと時は何処に

2014年11月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ご相談

仕事をしています。家事との両立ができるのか不安です。一人でも手一杯です。(30代女性)

 遙から

 どういう食事のスタイルが最もリラックスして身体にいいのか。また、それはいくらかかるのか。日々、挑戦している。今の私はホテル泊が多く、外食が多い。疲れて帰った時ほどリラックスしてちゃんと栄養をとりたい。ルームサービスを頼む。どのメニューを見ても、どういう組み合わせにしても、栄養バランス(サラダ&タンパク質&炭水化物)を揃えると5000円を超える。ビーフカレーとサラダで5000円。オムライスとサラダでも5000円。とにかく、ホテルでルームサービス=5000円、と思っておいたほうがいい。

部屋で5000円、バイキングで200円引き

 宿泊料+5000円はけっこう贅沢だと思う。だから、ディナーバイキングに行くことにした。そしたら思う存分栄養バランスがとれ、バイキングなみの価格なはずだ。

「バイキングでお願いします」
「4800円でございます」

 …200円安くなった。

 自分の足で食べに降りていくか、ホテルマンに部屋に来てもらうか、で、200円浮くだけだ。

 まだまだ贅沢すぎる、と自分を責めた。仕事の帰りに疲れているがホテルに直行せず店に寄り道することにした。行きつけの店のカウンターに座る。

「今日はひとりですか?」
「そう。サラダとぉ…」
「仕事帰りですか?」
「そう」

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「その晩御飯、いくらの値打ちがありますか?」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長