• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ヨーカ堂、「鳩マークなし」が再生の狼煙

セブン&アイが総力挙げる新モールが開業

2014年11月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 セブン&アイ・ホールディングスが新たなショッピングモール「グランツリー武蔵小杉」を11月22日にオープンした。場所は、タワーマンションが立ち並ぶ東急東横線・武蔵小杉駅前。この地域に住む30~40代の女性たちは、子育てにも仕事にも積極的でファッションにも感度が高いと、一部で注目を集めている。そんな彼女たちを主なターゲットに、セブン&アイが総力を結集し2年半の歳月をかけて開業に向けて準備してきた。オープン初日の開店前には約7000人が列を作り、その数はセブン&アイで過去最多。初日の総来場者数は約12万人と、順調な滑り出しとなった。

セブン&アイが11月22日にオープンした新モール「グランツリー武蔵小杉」には、初日の開店前に約7000人が列をなした

 総合スーパー「イトーヨーカ堂」を軸に、「赤ちゃん本舗」「タワーレコード」「フランフラン」「ロフト」など、セブン&アイ傘下の企業が勢揃いしている。さらに、セレクトショップの「トゥモローランド」や「ビームス」、ファストファッションの「ZARA」、「GAP」なども誘致。合計で160店舗が軒を連ねる。屋上には庭園を造り、中央の吹き抜けには天井から流れ落ちる高さ14メートルの“水の柱”で憩いの空間を演出するなど、同社のモール事業としては数多くの新機軸に挑戦している。

 その中でも特に異例なのが、中核店舗であるイトーヨーカ堂だ。同社を象徴する「鳩マーク」のロゴを、グランツリーの外側にも内側にも露出していないのだ。事実、イトーヨーカ堂の戸井和久社長は、「各フロアでイトーヨーカ堂色を出していないのが、グランツリーの特徴だ」と強調する。

「グランツリー武蔵小杉」の食品売り場。「鳩マーク」がなく、ここがイトーヨーカ堂であることは、見た目からは分からない

 実はそこに、セブン&アイがグランツリーに込めた狙いがある。逆説的だが、イトーヨーカ堂色を消しているところに、業績が低迷するイトーヨーカ堂の再生にかける覚悟がにじむ。

コメント2

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ヨーカ堂、「鳩マークなし」が再生の狼煙」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック