• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

モノ作りは趣味か商売か

日本のメイカーズ、最前線ルポ

2014年11月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 11月23、24日の2日間、東京都内で「Maker Faire Tokyo(メイカー・フェア・トーキョー)2014」が開かれた。名前の通り、電子工作やDIYにいそしむ「Maker(作り手)」たちの発表・交流の場だ。モノ作りスタートアップが注目される今日この頃。趣味と商売の垣根を、現場を歩いて考えてみた。

 食べ慣れた「コアラのマーチ」の箱が激しく揺れていた。ガタゴトと動くたびに、左上のカウンターの値もどんどんと増えていく。20分間で約5000回という振動スピードだそうで、コアラの顔はもはや判別不能だ。都内で11月23、24日の2日間に渡って開かれたモノ作りイベント「Maker Fair Tokyo(メイカー・フェア・トーキョー)」で、最初に出会った作品だった。

20分で約5000回揺れる「コアラのマーチ振り機」

 なぜ、コアラのマーチを振るのか。聞けば、ある時期に「コアラのマーチを振ると大きなチョコボールのようになって美味しい」と、ネットで話題になったのだという。筆者は知らなかったので調べてみたところ、確かにコアラのマーチを手に持って振る親子の動画などが見つかった。

コアラのマーチを振るとボールのようになる。

 しかしこれ、自分で試してみるとなかなか骨が折れる。出展した京都電創庵のメンバーによれば、「ボール状にするには約5000回振るのが目安だが、人力だと1時間かかるし疲れてしまう」。「振る」という行為を機械に任せられれば「楽して早く、新しい食べ方を楽しめる」と、この装置を考案したそうだ。電子工作用のパーツを組み合わせて作っていた。

 この作品を見て、読者はどんな感想を持っただろうか。「用途は極めて限定的で、電子工作という域を出ない」と思った方が大半だろう。出展者自身も「コアラのマーチ振り機」はあくまで趣味で作った装置で、製品化をするつもりは「全くない」と言っていた。ただ、人が疲れてしまう作業を機械や技術に置き換えて世の中を便利にするというのは、モノ作り企業の根底に流れる発想でもある。

 実際、前身のイベントから数えて今年で10回目を迎えた「Maker Fair Tokyo(メイカー・フェア・トーキョー)」では、年を追うごとにモノ作りスタートアップと呼ばれる企業の出展も増えてきている。例えば、スケルトニクス(東京都八王子市)が展示した巨大なロボットは1回500円という価格にもかかわらず、試乗する人が絶えなかった。

スケルトニクスは試乗者が絶えず

 趣味とビジネスが混沌とする現場を歩いてみた。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「モノ作りは趣味か商売か」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック