• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“黒船イオン”の翻意

地方経済、対立から共生へ

2014年12月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

イオンが同社の威信をかけ、岡山に都市駅前型のショッピングモールを開いた。地方の経済界から黒船と揶揄されるイオンが、大々的に掲げるのは「地域共生」。転身の成否は、今後の地方都市の未来までも占う。

 師走の慌ただしい雰囲気が街中に漂い始めた12月5日、JR岡山駅前に、このところ地域住民の話題を独占している商業施設が新規開業した。

 「イオンモール岡山」。新幹線が停車する岡山駅の東口から徒歩わずか5分のところにあり、地上8階地下2階建てで総賃貸面積は9万2000平方メートル。巨大流通グループのイオンが、地方中核都市の駅前で初めて本格的に手掛ける大型ショッピングモールだ。開店前には7300人が行列をなした。

 その日、館内で開かれた開業セレモニーにはそうそうたるメンバーが並んでいた。岡山県知事や岡山市長らが次々に登壇し、イオンモールへの期待を込めたスピーチを披露していく。

 そして、そのセレモニーには、もともと出席リストになかった人物の姿もあった。イオングループを束ねる岡田元也社長、その人だ。

 岡田社長の出席が決まったのは開業のわずか数日前。岡田社長自身がセレモニーへの出席を決断しただけでなく、式典で読み上げる挨拶の原稿にも、自ら手を加えた。

 「イオンモール岡山には、65店の地元企業が入っています。4000名の雇用も生まれました」

 手直ししてまで強調したのは、岡山経済への貢献と連携だった。

 岡山駅の周辺には、大きく分けて3つの商業集積地がある。

 1つめは、百貨店の高島屋、家電量販店のビックカメラ、地下街の「一番街」を中心とする駅前地域。ここに、地元で「駅前商店街」と呼ばれる地域の商店街もある。

 もう1つは、駅から1kmほど東にある表町商店街。岡山城の城下町として栄えた時代の中心地で、地元資本の老舗百貨店、天満屋もここにある。そして3つめが、駅を挟んで西側にある奉還町商店街だ。

 イオンモール岡山は駅の東口を出て右手方向にある。西口の奉還町商店街や、少し距離のある表町商店街は言うに及ばず、同じ東口駅前エリアでも、イオンと直結している地下街の「一番街」を例外とすれば、駅からイオンへと向かう人の流れは、高島屋や駅前商店街のそれとは異なる。

 「イオンができれば、ほかの地域から人がいなくなるのではないか」。イオンの出店が公表された直後、そうした懸念は強かった。

コメント10

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「“黒船イオン”の翻意」の著者

中 尚子

中 尚子(なか・しょうこ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞入社後、証券部で食品やガラス、タイヤ、日用品などを担当。財務や法務、株式市場について取材してきた。2013年4月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

中川 雅之

中川 雅之(なかがわ・まさゆき)

日本経済新聞記者

2006年日本経済新聞社に入社。「消費産業部」で流通・サービス業の取材に携わる。12年から日経BPの日経ビジネス編集部に出向。15年4月から日本経済新聞企業報道部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面倒くさいことを愚直に続ける努力こそが、 他社との差別化につながる。

羽鳥 由宇介 IDOM社長