• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ペンが与えるかすり傷は、銃が与えるかすり傷より深い

パリ在住日本人が見たフランス・新聞社テロ

  • 永末 アコ

バックナンバー

2015年1月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

小学校の玄関。ドアにはテロの危険度最高を示す張り紙。地面には「私はシャルリー」のペイントが残されていた

  1月7日水曜日、私は自宅で昼食をとった後、仕事の約束で外に出ようと、アパルトマンを出ると、ドアの締まる音が聞こえたのか、隣人が飛び出して来た。いつになく彼女の顔がシリアスだ。

「ako、今からどこへ行くっていうの? さっき11区で何が起こったか知っている?」

永末アコ
ジャーナリスト/クリエイター
1996年よりパリ在住。フランス人の夫と2人の子どもと共に、パリ左岸のアパルトマンに暮らす。光とオブジェのアーティス トとして、また、フランスのライフスタイルや食文化の情報を発信するライターとして活躍中。2009年には「かわいいだけじゃ暮らせない akoからはじまるパリのABC」(飯塚書店)を出版。2011年にはApp Storeより電子書籍「パリのアン・ドゥ・トワァ」を販売中。

 そう言って私に、ほんの2時間もしない前に起こったシャルリー・エブド新聞社襲撃事件を知らせてくれた。私は外出をとりやめて、着たばかりのコートを脱ぐと、すぐにフィガロ紙のネット版にアクセスをした。

 あの津波が日本の東北地方をのみ込んで行く、上空からの映像を見た時のショックには勝らずとも、ネットの速報記事を読みながら、血が引いていくのを感じた。シャルリー・エブド新聞社は、私が住む13区から自転車でも10分ほどの場所。サイレンの音が嫌に多く聞こえてくることにも気がついた。

 事件を知らせてくれた隣人の若いマダムは小学校の先生だが、出産したばかりで育児休暇をとって家にいる。夫も小学校の先生で、授業が午前のみの水曜日の午後は、普段なら課外活動のスポーツクラブのコーチをするが、その日の課外活動は急遽中止になって、直ぐ家に戻って来ると言う。

「学校に行っている私の子供たちは、どうしているのだろう」。その日は彼らが戻るまで、私は何も手につかなくなった。

 テロは翌8日木曜日にパリ南のモンルージュ、9日にパリ東のポルト・ドゥ・ヴァンセンヌでも起きた。

 東京の山手線内くらいほどしか面積のないパリだから、どこも馴染みのある場所だ。その後3つのテロの犯人が射殺されるまでの3日間、サイレンが絶え間なく街のあちらこちらから聞こえ、ヘリコプターの音が空気を揺らし続けた。

 今でもサイレンの音が聞こえると「またどこかで?」と体が固くなり、時々フィガロ紙のネット版の速報にアクセスしてしまう。

13日の新聞「ディレクトマタン」

コメント55

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック