• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「トロイカよさらば」――再建下ギリシャの反乱がユーロを襲う

ルポルタージュ:ギリシャ総選挙、急進左派の圧勝

2015年1月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アテネ中心街の広場に集まった急進左派連合の支持者たち。ギリシャ議会選挙に圧勝し、熱狂は最高潮に

 「5年間の緊縮財政は終わりにする」

 1月25日、午後11時過ぎ。アテネ中心街の広場に集まった数百人の支持者に向けて男が高らかに宣言すると、割れんばかりの拍手と大歓声が起きた。男の名はアレクシス・チプラス。急進左派連合(SYRIZA)を率いる、40歳の若き党首である。

 「急進左派連合」や「チプラス党首」の名は、日本ではほとんど馴染みがない。しかし、この日実施されたギリシャ議会選挙の結果によって、第1党党首となったチプラス氏は欧州で最も注目される男となった。この男の名は、これから日本でもさかんに報じられることになるだろう。

1月25日午後11時過ぎ、勝利宣言する急進左派連合のアレクシス・チプラス党首。記者撮影。

事前予想を上回る圧勝劇

 総選挙の結果は、チプラス党首率いる急進左派連合が300議席のうち149議席を獲得。議会の過半数を押さえるには2議席足りないものの、翌26日に右派「独立ギリシャ人」と連立政権を組むことに合意。チプラス氏はギリシャ新首相として政権運営を主導していくことになった。

 前政権の新民主主義党(ND)の獲得議席は76議席にとどまり、急進左派連合は事前の予想を上回る圧勝となった。チプラス党首が勝利宣言をした3時間ほど前、NDのアントニス・サマラス党首は敗北宣言をしている。

 急進左派連合とチプラス党首が注目を浴びる最大の理由。それは、彼が今後、どのような連立政権を樹立するにせよ、ギリシャとユーロの将来に大きな影響力を持つからだ。

 急進左派連合の主張を端的に言えば、従来ギリシャ政権が取ってきた、緊縮財政政策をすべて覆すことと言って過言ではない。例えば、彼らの主張はこんな具合だ。「財政再建のために削減した公務員を全員復職させる」「引き下げられた最低賃金を戻す」「医療費を無料にする」。中には、「民営化した航空会社や電力会社を国営に戻す」といった、耳を疑うような“公約”まである。

コメント6

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「トロイカよさらば」――再建下ギリシャの反乱がユーロを襲う」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官