• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ワタミ次期社長、ブラック批判に答える

2015年1月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2期連続の赤字を見込むワタミで、3月に社長が交代する。労働環境の悪化で“ブラック企業”との批判を受ける同社の業績をいかに回復させるか。アルバイトとして入社し、役員となった清水邦晃・次期社長に聞いた。

ワタミをどのような会社にしていくのか。

清水邦晃(しみず・くにあき)
ワタミの居酒屋チェーンにアルバイトとして入社。介護事業を立ち上げ、2009年、事業会社「ワタミの介護」社長に就任。2014年10月、ワタミフードサービス社長に。44歳。(写真:竹井俊晴)

清水:ワタミは居酒屋を原点とする、「食」中心の会社だ。そこに戻る。

 マーケットに合ったメニューを提案するなどして、(主力である)「和民」「わたみん家」をはじめとする居酒屋業態を強化する。それぞれの店舗を、お客さまに楽しんでいただける場に作り直す。そのために必要な環境を整える。楽しめる場を目指す挑戦は、介護事業の強化にもつながる。

原点回帰のために何をする。

清水:まずは今春、グランドメニューを改編する。それぞれの料理の分量を減らして単価を下げる。

 昨年は、いわゆる小料理屋に匹敵するような(高級)路線に舵を切り、料理の品質を向上させたり分量を増やしたりして、単価を上げた。それがお客様に受け入れられなかった。「色々な料理を頼むには、それぞれの料理の量が多すぎる」「高すぎる」などのご意見をいただいた。

 実は昨年のメニュー改編は、40代ぐらいの客層をターゲットに考えていたのだが、お客様の6割は20~30代が占めている。我々のような総合居酒屋は、グループで訪れたお客様が色々な料理を注文できるところに楽しさがある。その要望に応えられていなかったのだと思う。

 そこで、メニューブックも、大きく広げて読める作りに変える予定だ。小さいことだが、一つひとつ丁寧に取り組んでいきたい。

 社内では、それぞれの地域に合ったメニューを地域ごとに本部に提案できる体制を築く。「九州全域」など全国に9つあるブロック単位で、「和民」などの業態ごとに配置していた管理職を統合し、業態の垣根を越えて、それぞれのブロックに最適なメニューを考えられるようにする。

客数は前年実績を割り続けている。「昔は和民によく行ったけど、今は行かない」という顧客に、もう一度来てもらうための施策は。

清水:お客様の年代や利用動機に合った業態を提案していくべきだと思っている。「和民」「わたみん家」は主に20~30代のお客様向け。チェーンの良さを前面に打ち出して喜んでもらえる店を目指す。「そういう店は飽きた、もういいよ」というお客様には、「銀政」や「炭旬」といった個店の良さを表現した業態をお薦めしていく。中華やイタリアンを食べたいという方には「WANG'S GARDEN」や「GOHAN」がある。あらゆる利用動機に応えられるように、会社として今後も業態をととのえていく。

コメント10件コメント/レビュー

ぜんぜんわかっていなくて笑える>お客様や入居者様の喜ぶ顔が見たい、とか、>「居酒屋が好き」と、>まっすぐな気持ちで働いているスタッフの思いこう思いこむような人間に洗脳したのが批判されてる点じゃないの?経営者ならともかく、マックジョブにそんなものあるわけないじゃん(2015/01/29)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ワタミ次期社長、ブラック批判に答える」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ぜんぜんわかっていなくて笑える>お客様や入居者様の喜ぶ顔が見たい、とか、>「居酒屋が好き」と、>まっすぐな気持ちで働いているスタッフの思いこう思いこむような人間に洗脳したのが批判されてる点じゃないの?経営者ならともかく、マックジョブにそんなものあるわけないじゃん(2015/01/29)

ワタミが何を目指したい企業なのかやはり伝わってこなかったように感じた。儲け商売のために、よさそうな事をやるだけのようで、批判に対処すると言うのも自分たちの向う方向を改めると言うよりも批判の矛先をかわすために取る対策に見えるので、ワタミに何かを期待できそうかと言う思いには至らなかった。これはコミュニケーションの手法の問題なのか、企業の本質の問題なのか、外から見て軽々に断定はできないが、ワタミは変わったというイメージに結びつかなかったのは事実だ。(2015/01/29)

残念ながら、何も響きませんでした。飲食業界に身を置いていた経験のある私としてはワタミの厨房(現場)での人権無視、衛生観念の無さ、言論、思想の自由の無さは目の当たりにしておりました。現在の株価や業績は会社の通信簿のようなものです。もう・・・この会社はいいかな(2015/01/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長