• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ポテトだけじゃない米港湾労働争議の余波

輸出停滞が自動車のサプライチェーンを直撃

2015年2月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ロサンゼルス港など西海岸の港湾では労働者が作業をわざとスローダウンし、運営会社に待遇改善を迫っている(写真:AP/アフロ)

 2月4日に発表された富士重工業の2015年3月期第3四半期決算。通期の営業利益見通しを過去最高の4100億円に上方修正するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで業績を伸ばしている。

 その中で、新しいリスク要因が浮かび上がった。北米向け部品の輸出の滞りだ。会見の場で富士重工の高橋充専務執行役員CFO(最高財務責任者)は「西海岸の港湾でコンテナの荷揚げ作業がスローダウンしており、米国の生産に支障を来しかねない」と明かした。

 米西海岸の港湾では昨年半ばから、港湾運営会社と労働組合の間で契約や労働条件を巡って対立が続いている。そのため、荷物の積み下ろしなどに遅れが発生している。

 その影響は昨年末から深刻になり始めており、日本でもケンタッキー・フライド・チキンやマクドナルドでフライドポテトの原料となるジャガイモが調達できないという事態が発生していた。それが、日本の基幹産業である自動車のサプライチェーンにも影響を及ぼし始めているのだ。

 富士重工の場合、スバル車に搭載するエンジンや変速機、駆動部品などのコア部品は日本国内で生産し、米国に輸出している。ロサンゼルスやロングビーチ、タコマなどの西海岸の港で荷揚げし、そこから陸路でインディアナ州にある北米の生産子会社、スバル・オブ・インディアナ・オートモーティブ(SIA)に運んでいる。

 SIAで生産する「アウトバック」や「レガシィ」は、好調が続く北米事業を支えるスバルブランドの稼ぎ頭。人気モデルで、ただでさえ在庫がほとんどない状態だ。エンジンなどが不足すれば工場の生産がストップし、それは即、業績を直撃する。

 放っておけば2月中旬からSIAの生産が止まってしまうため、富士重工は部品の出荷を航空便に切り替えた。群馬県で生産したエンジンなどを成田空港からシカゴまで航空便で運ぶことになる。一連の追加コストは実に1カ月で70億円に及ぶ。

 労使問題がいつまで続くかが読めないこともあり、富士重工は2015年3月期の業績見通しに1カ月分の70億円の負担増だけを織り込んだ。販売好調で大幅な増収増益となる中では影響は小さいとはいえ、自社ではコントロールできない出費となるだけに予断を許さない。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ポテトだけじゃない米港湾労働争議の余波」の著者

熊野 信一郎

熊野 信一郎(くまの・しんいちろう)

日経ビジネス記者

1998年日経BP社入社。日経ビジネス編集部に配属され製造業や流通業などを担当。2007年より日経ビジネス香港支局に異動、アジアや中国に関連する企画を手がける。2011年11月に東京の編集部に戻る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏