• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

キヤノン、大型買収の狙いは「ビッグデータ」

監視カメラ最大手に3300億円投ずる皮算用

2015年2月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

キヤノンが約3300億円を投じ、監視カメラ世界首位を買収する。2014年6月に傘下に収めたビデオ管理ソフト最大手との相乗効果を狙う。「ビッグデータ」ビジネスを創出し、苦戦するデジカメ事業をカバーしたい考え。

 「キヤノンは1年足らずで、監視カメラのハードとソフト、それぞれのトップ企業を手中に収めたことになる」。キヤノンによる大型買収の一報を受け、ある関係者はこう漏らした。

3300億円で世界首位買収
●ネットワークカメラの世界シェア
出所:テクノ・システム・リサーチ、2014年の金額ベース

 キヤノンは2月10日、約3300億円でスウェーデンのアクシスコミュニケーションズを買収すると発表した。アクシスは、監視用途などで使われ市場が急拡大している「ネットワークカメラ」の最大手。2014年12月期の売上高は約770億円で、世界シェアは20%を超える。キヤノンは同分野を成長領域と位置づけてきたが、シェアは1%以下にとどまる。豊富な資金を投じ、一気に逆転を狙った格好だ。

 アクシスの強みは、全世界で7万5000社にのぼる「パートナー群」にある。IT(情報技術)企業などに、自社カメラの仕様を積極的に公開。ソフトやシステムの開発を促すことで、機能を充実させてきた。

 国内で監視システム開発を手掛ける技術者は「パナソニックやソニーなど日本の大手と比べても、アクシス製品は使い勝手が良い」と打ち明ける。競合もアクシスにならってパートナー戦略を強化しているが、「追いつけていない」(同)のが実情だ。

 ここに2014年6月、キヤノンが一石を投じた。欧州子会社を通じて、ネットワークカメラ向けビデオ管理ソフト(VMS)の最大手、デンマークのマイルストーンシステムズを買収したのだ。「アクシスとマイルストーンは密接に連携を取って機能強化に取り組んできた」と、テクノ・システム・リサーチの池田英信マーケティングディレクターは話す。

コメント1

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「キヤノン、大型買収の狙いは「ビッグデータ」」の著者

小笠原 啓

小笠原 啓(おがさわら・さとし)

日経ビジネス記者

早稲田大学政治経済学部卒業後、1998年に日経BP社入社。「日経ネットナビ」「日経ビジネス」「日経コンピュータ」の各編集部を経て、2014年9月から現職。製造業を軸に取材活動中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員