• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トヨタFCV、「手作りライン」の事情

「ミライ」が普通のクルマになる日はいつか

2015年3月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 トヨタ自動車は2月下旬、燃料電池車(FCV)の生産ラインを報道陣に公開した。通常の量産車と異なり、職人たちによる手作りの量産ラインだ。そこにはFCVが乗り越えなければならない課題が透けて見えた。

 「こちらです」。バスを降りて案内されたトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の組み立てラインは、拍子抜けするほどさっぱりとしていた。

元町工場の一角で生産が始まった「ミライ」

 ミライの生産ラインは「クラウン」などを作っている元町工場(愛知県豊田市)の一角にある。ただ、通常の量産車の生産ラインとは異なり、ベルトコンベアーもロボットも見当たらない。作りかけのミライは前後に3台並び、ただ鎮座しているだけ。むしろ動き回っているのは、高い技能が認められた13人の職人たちで、脇の棚までバンパーなどの部品や接着剤を取りにいっては、車両に組み付けていた。2月24日のラインオフ(生産開始)式典の後、多くのメディアが「FCVは手作りライン」と記事にした。

【通常の生産ライン】クルマが動く
【FCVミライの生産ライン】技能者が動く
通常はクルマが動く、ミライでは技能者が動く
車は動かず、技能者が棚まで部品を取りにいく

コメント2

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「トヨタFCV、「手作りライン」の事情」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長