• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大塚家具、父・勝久会長も本誌に激白

「広告以外の経営方針は私も久美子も同じ」

2015年3月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大塚家具の創業者、大塚勝久会長(撮影:北山宏一、以下同)

経営権を巡って父娘で委任状争奪戦(プロキシファイト)が繰り広げられている大塚家具。12日の大塚久美子社長に続き、大塚勝久会長が本誌のインタビューに応じた。大塚会長は、娘の久美子社長について「広告宣伝の考え方以外の経営方針は同じじゃないかと思う」と話す。

(聞き手は西 雄大)

一連の騒動で本業に影響は出ていないのか。

大塚勝久会長:ものすごく影響が出ている。3月、4月は売り上げも受注も多い時期。婚礼や引っ越しなどお祝い事が半分以上を占める。

 こうした報道が続く中で、買い控えやキャンセルも起きている。1年で一番大事な時期にこんなことになって、お客様に申し訳ない。会社はびくともしないが、社員にも迷惑をかけている。売り上げと連動して支払っているボーナスも減ってしまう。私が復帰して何とかしないと、という思いが強くなっている。

約10%の議決権を持つ(2015年3月3日に保有株の半分以上に当たる6.12%を売却。10日に発表)大株主のブランデス・インベストメント・パートナーズは久美子社長の支持を表明した。どう見ているか。

勝久会長:私も大株主としてブランデスさんと同じ考えを持っている。会社を良くしたい。もちろん株主様にも還元したい。決して無視してきたわけではない。考えはすべて同じだ。社長側を支持するというのは何か意図があるのかと思う。

 我々が企業価値向上策を発表する前に株を売られてしまった。お会いしたいとずっとお願いしていたので残念だ。昨年はお会いしてショールームも案内した。直接会えなくてもあらゆる手段を使って理解していただけるように努力する。総会の当日までに分かっていただければそれでいいと思っている。決してあきらめていない。

コメント58

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「大塚家具、父・勝久会長も本誌に激白」の著者

西 雄大

西 雄大(にし・たけひろ)

日経ビジネス記者

2002年同志社大学経済学部卒業。同年、日経BP社に入社。日経情報ストラテジー、日本経済新聞社出向、日経コンピュータ編集部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部記者。電機、ネットなどを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長