• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

次の成長市場は“サッカー不毛の地”

ヤンマー、MLSで米国市場拡大に挑む

2015年3月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 本拠地レッドブル・アリーナに東地区のライバル、DCユナイテッドを迎えた3月22日ホーム開幕戦。米メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルズは、ブラッドリー・ライト・フィリップスなどのゴールで宿命のライバルに2-0で快勝した。昨年のリーグ得点王、ブラッドリーの今季初ゴールに、スタジアムを埋め尽くした2万1000人の驚喜の声が響き渡った。

農機大手、ヤンマーがMLSのNew York Red Bulls と大規模なパートナー契約を結んだ。

なぜ米プロサッカーと提携?

 実はこの日、試合前にあるパートナーシップ契約が発表された。それは、農機大手ヤンマーとレッドブルズのオフィシャル・パートナー契約である。契約金額、契約期間ともに明らかにされていないが、トレーニングウェアの両袖、スタジアム1階の回廊部分に「Yanmar」のロゴを掲示するというものだ。

 マーケティング戦略に長けた親会社(オーストリア、レッドブル社)の影響もあって、レッドブル・アリーナは自社の広告が中心でスタジアムやユニフォームに他ブランドのスポンサー広告を入れてこなかった。そのレッドブルが、練習着とはいえ、袖とスタジアムの常設広告を認めたのは今回が初めて。日本企業がMLSのチームと大規模なパートナーシップを結んだ初のケースでもある。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「次の成長市場は“サッカー不毛の地”」の著者

篠原 匡

篠原 匡(しのはら・ただし)

ニューヨーク支局長

日経ビジネス記者、日経ビジネスクロスメディア編集長を経て2015年1月からニューヨーク支局長。建設・不動産、地域モノ、人物ルポなどが得意分野。趣味は家庭菜園と競艇、出張。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO