• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

背水のワタミ、大胆値下げと法人営業の勝算

世間の値上げに逆行し、客離れ阻止に挑む

2015年3月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 居酒屋チェーン大手のワタミフードシステムズは4月9日、主力業態「和民」のメニューを改定する。

 改定の目玉は、約10年ぶりの大胆な値下げだ。料理一皿当たりの平均単価(税別、以下同)は449円から401円に、生ビールは中ジョッキで490円から450円、ハイボールも450円から290円と大幅に安くする。こうした結果、これまで2850円だった平均客単価は2600円程度になる見込みで、約1割の値下げになる。

 値下げに伴い、一皿当たりの重量も減らす。例えば「国産牛の肉豆腐」は、現行メニューでは413g(690円)だが、293g(490円)と少なくなる。

メニュー改定前後の品目例。現行メニュー(改定前、写真左)は一皿当たりの重量が多く、「色々な種類を頼めない」といった顧客の不満につながっていた。写真右は新メニュー。
現行メニュー
(改定前)
新メニュー
(改定後)
690円 490円
990円 990円
690円 390円
1000円 490円
980円 300円
900円 490円
760円 900円
6010円 580円
3005円 700円
5330円
2665円
2人で食事した場合の標準的な注文内容と客単価。新メニューでは、客単価は低くなる一方で、頼める品目数は多くなるのが特徴だ

 原材料費や人件費などの高騰を受けて、昨年以降、多くの外食チェーンが値上げを実施している。そんな中で、こうした大胆な値下げを実施する狙いについて、清水邦晃社長は「客離れを食い止めるため」と話す。

コメント13

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「背水のワタミ、大胆値下げと法人営業の勝算」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長