• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

行け!“佐川男子”、ローソンから台車で500mまで配送

SGローソンの制服が青の「斜め縞」のワケ

2015年4月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「たまたまローソンは縦縞、佐川急便は横縞なので(新しい制服は)斜め。これでユニフォームをデザインしました」

会見に臨んだローソンの玉塚元一社長(写真左)とSGホールディングスの町田公志社長(写真中央)、SGローソンの社長に就く野辺一也氏

 4月7日、コンビニエンスストア大手のローソンと、佐川急便を傘下に持つSGホールディングスが業務提携を発表した。6月中旬に新会社「SGローソン」を設立し、ローソン店舗を拠点に、コンビニの商品と佐川の宅配便を一緒に配送したり、御用聞きサービスを提供したりする。

 記者会見ではSGローソンのスタッフが着用する制服を発表。デザインの狙いを、SGローソン社長に就く野辺一也氏は冒頭のように説明した。

 青の縦縞の制服のローソンと、青の横縞の制服の佐川急便。ローソンが51%、SGホールディングスが49%を出資するSGローソンは、両社の協業の形を制服のデザインで示した。制服の左右の袖には、ローソンと佐川急便のロゴが付く。

 「今までは店を構えて商売をしていたけれど、佐川急便と組むことで近隣の(来店客の)自宅に商品をデリバリーできるようになる。お客様に近づくことが、高齢化が進む街ではこれまで以上に求められる。佐川急便のノウハウをもらいながらサービスを広げていく」

 ローソンの玉塚元一社長は業務提携の狙いについてこう説明した。

 だが提携会見で明らかにされた内容を見て、物流の専門家たちは首をかしげる。プロの目から見た「懸念」とは何なのか。

コメント6

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「行け!“佐川男子”、ローソンから台車で500mまで配送」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員