• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

マック、原田体制との決別は先祖返りか

出戻り幹部が「地区本部制」を復活させる

2015年4月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本マクドナルドホールディングスは4月16日、2015年12月期の業績予想を発表した。連結売上高は3820億円と前期の4463億700万円から14.4%のマイナス。経常損益は、310億円の赤字を見込む。

経営再建策を発表した日本マクドナルドホールディングスのサラ・カサノバ社長兼CEO。会見中は終始、厳しい表情だった(写真:陶山 勉)

 マクドナルドは今回の会見で、業績回復に向けた施策として、「ビジネスリカバリープラン」も発表した。プランは、(1)より顧客にフォーカスした取り組み、(2)店舗投資の加速、(3)コストと資源効率の改善、(4)地域に特化したビジネスモデル──の4つの柱からなる。

 「改革の方向性は、私たちオーナーが望むものと一致している」。あるフランチャイズ店(FC)オーナーは、改革の柱を見てこう語る。

 このオーナーが評価するのは、(4)に挙げた地域に特化したビジネスモデルだ。具体的には、5月から「地区本部制」を導入する。全国の店舗を東日本地区、中日本地区、西日本地区の3地区に分けて、それぞれ地区本部長を置く。地区本部長の下で、店舗運営やマーケティングを行い、段階的に人事や財務、店舗開発などの権限を委譲していく予定だ。

 実はマクドナルドが地区本部制を導入するのは、今回が初めてではない。この制度は、米国など世界のマクドナルドで導入されている組織体系で、かつて日本マクドナルドも藤田田・元社長の時代に同制度を敷いていた。藤田時代にマクドナルドに在籍していた元社員の一人は、「地区から生まれたサービスのアイデアなどを全国に展開したり、各地区で育った社員が別の地区に異動して経験を積んだりできるなど、メリットは大きかった」と話す。顧客にフレンドリーに接するサービスを象徴した「スマイル0円」のサービスには、「いかにいい笑顔で接客するかを店ごとに競う」というある地区の取り組みが全国に広がったという逸話もある。

 だが、現在のマクドナルドには、地区本部制はない。なぜなのか。

コメント7件コメント/レビュー

食の安全も大事ですが、食べ物を扱う客商売なのだから、まずは店をきれいにし、接客態度を改めることでしょう。無駄な24時間などせず、店舗を閉めて徹底的にピカピカで清潔にすることです。近年のマクドナルドは汚すぎます。まあ、不味いバンズや具材もコスト重視でなく、せめて昭和の時代のレベルまでは戻すべし。平成初期に100円バーガーやり始めたころの頃から、品質劣化がひどすぎますからね。(2015/04/22)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「マック、原田体制との決別は先祖返りか」の著者

河野 紀子

河野 紀子(こうの・のりこ)

日経ビジネス記者

日経メディカル、日経ドラッグインフォメーション編集を経て、2014年5月から日経ビジネス記者。流通業界(ドラッグストア、食品、外食など)を中心に取材を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

食の安全も大事ですが、食べ物を扱う客商売なのだから、まずは店をきれいにし、接客態度を改めることでしょう。無駄な24時間などせず、店舗を閉めて徹底的にピカピカで清潔にすることです。近年のマクドナルドは汚すぎます。まあ、不味いバンズや具材もコスト重視でなく、せめて昭和の時代のレベルまでは戻すべし。平成初期に100円バーガーやり始めたころの頃から、品質劣化がひどすぎますからね。(2015/04/22)

原田氏がデフレ時代の時流に乗って、激安商法したつけが未だに残ってますよね。65円のハンバーガーを見てしまった以上どんな価格も高く感じるだけ。それに今の価格では、他の店で定食が食べられてしまう。怪しくまずく高い食い物を誰が好きこのんで食べるのか。メニュー減らして、コア商品だけにして、安く安全でおいしいメニューにした方が儲かると思います。(2015/04/21)

消費者がマクドナルドに求めていることは、飲食店経営の大前提である「安心な食の提供」です。マクドナルド側は、中途半端なムービーやHP上では安全性をPRされているようですが、既に離れてしまった顧客は、それらを目にすることすらありません。…とは言え、ちょうど週末に満席でごった返しているお昼時のマックを目にしたばかりなので、気にしない(あるいは、気にしなくなった)顧客を大事に繋ぎとめる、というのも手かもしれませんが。ひとまず自分は異物混入問題以降は一度も足を運んでおりません(元々滅多に行きませんでしたが)が、今後の動向は気になっております。(2015/04/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授