• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「有名大至近、学生限定」の無料カフェが急増

「就活だけじゃない」。企業スポンサーが殺到する本当の理由

2015年5月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「知るカフェ」を運営するエンリッションの柿本優祐社長

 「スマホが充電できて無線LANも使え、無料でコーヒーやオレンジジュースが飲める」。お金のない大学生にとって夢のようなカフェが増殖中だ。店名は「知るカフェ」。学生の間で今、注目度が急上昇している。

 知るカフェの立地場所は、有名大学の目の前ばかりだ。2013年12月に同志社大学前店ができてから、京都大学前店、早稲田大学前店と相次ぎオープン。今年4月から6月にかけて名古屋大学前店、東京大学前店、慶応大学前店など一気に7店舗をオープンしている最中だ。店名以外の大学に所属する学生も、もちろん自由に利用できる。知るカフェを運営するベンチャー企業、エンリッション(京都市)の柿本優祐社長は「来年には20店舗を目指す。海外展開も検討中だ」と意気込む。

スポンサー1社あたり90万円

 学生が無料で飲み物を楽しめるのは、就職活動時に「自社のことを知って欲しい」という企業のスポンサー費用で運営しているため。スポンサー企業は店舗ごとに異なるが、三井物産や関西電力、野村総合研究所など大企業からベンチャー企業まで様々だ。1店舗ごとに30~40社のスポンサー企業を募る。スポンサー料は1社当たり90万円だ。

 スポンサー企業は学生に対して適宜、会社や業界のことを説明する少人数イベントなどが開催でき、興味のある学生はネット経由で予約する。企業側1人に対して学生5人までに予約を制限し、丁寧に説明できる環境作りに腐心している。週に3~4回のペースでイベントが入っている店舗が多い。4月末、大手企業のイベントに参加した学生は「会社に入った後の生活までざっくばらんに話してくれて、イメージが広がった」と話していた。

 「企業の人事部に話を持って行くと非常に受けがよく、最近は先方からの問い合わせが引きも切らない状況だ」(柿本社長)。昨年から学生の売り手市場となっている影響もありそうだが、柿本社長の「真の狙い」は大学4年生の就職活動支援とは別のところにある。「むしろ1~2年生が、会社や社会のことを知るキッカケにして欲しい」(同)というものだ。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「有名大至近、学生限定」の無料カフェが急増」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官