• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アテネで記者が見た質屋と「100円ショップ」の意味

デフォルト危機のギリシャ、実体経済はやはりひどかった

2015年5月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 巨額の債務を抱えるギリシャの債務不履行(デフォルト)が、いよいよ現実味を帯び始めた。総額2400億ユーロ(約32兆円)の金融支援を続けているEU(欧州連合)、ECB(欧州中央銀行)、IMF(国際通貨基金)は、今年2月末に期限を迎える金融支援の継続を6月末までに延長することは決めたものの、その条件とした財政改革に一向に着手しないギリシャに対して、約72億ユーロ(約9400億円)の融資を凍結している。

 融資再開を巡って4月24日にラトビアで開いたユーロ圏財務相会合でも、結局ギリシャとその他の国の間の溝が埋まらず、合意に至らなかった。ギリシャ国内の資金は尽きかけているとされるが、5月12日には8億ユーロ(約1000億円)のIMFへの返済を控えており、5月11日に開かれるユーロ圏財務相会合で合意が得られなければ、再びギリシャのデフォルト懸念が高まる。

 今年1月に首相に就任したギリシャのアレクシス・チプラス氏(関連記事はこちら )は、EUからの金融支援の条件として従来の政権が進めてきた財政再建策を放棄。約3カ月経った今も、実質的にその方針を見直していない。「緊縮財政とは決別する」と繰り返すチプラス首相の支持も最近では落ち込んでおり、状況は深刻化するばかりだ。

 毎月のように訪れる債務返済期限を前に、欧州のみならず、世界経済が振り回されている。しかし、この状況下で意外と知られていないのが、ギリシャの実体経済の様子。その実情を探るため、4月下旬、アテネに飛んだ。現地を取材すると、想像以上にひどい実態が明らかになった。

急増する質屋、そして “100円ショップ”

開いている店舗は少なく、閑散としている大通り

 ここはアテネ市内の中心地、スタディウ通り。日本で言えば、銀座の中心街に相当するという。訪れた平日の午後、通りに足を踏み入れてすぐにその妙な雰囲気に気がついた。

 何だろうか、このうら寂れた雰囲気は。

すべてシャッターがしまり、ゴーストタウンのような雰囲気

 かつては、紳士服や貴金属のブランドが軒を連ね観光客で連日賑わっていたと言う。確かに、高級ブランドを扱う店舗はあるが、それ以上に目立つのが、シャッターが閉じられた無数の店舗だ。シャッターには落書きやポスターが貼られ、長らく管理されていないのが一目で分かる。老朽化した建物と相まって、まるで幽霊屋敷のような雰囲気だ。

 例えは悪いが、少子高齢化にあえぐ日本の地方都市のようだ。しかし、ここはギリシャの首都、アテネの一等地である。

 「今も店舗として残っているのは、(ファストファッションの)H&MやZARAくらい。かつては、高級ブランドが立ち並んでいたが、前回(2009年)のギリシャ危機で、ほとんどが閉じた。その後はどこも戻ってこない」。シャッター街の中で、数少ない店を開いていた主人が説明してくれた。このエリアで店舗を運営しているのは、家賃を払わなくてよい地主くらいだと言う。

 ただ、そんな寂れた通りのあちこちで、やけに目につく店舗があった。

コメント2件コメント/レビュー

私は2009年9月に訪問しましたが、それ以上に悪化している状況が見て取れました。その後が気になっていたので、本記事の作成は本当に感謝しております。現地で盗難にあい、怪我を入院したということで色々な人と話す機会を得られました。当時聞いた内容は以下でした。現地の人が言うには公務員のリストラは行うが、役所→警察、警察→消防署、消防署→役所のように循環する形で再雇用を行っているので、結局は改善されていない状況にあること。現地の学生さんは、ギリシャ国内ではいい仕事がないため、ドイツやオランダ等で働く先を探している。そのため、複数の言語を話せる必要があるという形でした。優秀な人、稼げる人は同じEU圏内に出稼ぎに行くため、国内には残りづらい状況にあるとのこと。観光先としても治安悪化で行きづらくなっているのはよくわかります。農業国のため、付加価値が高いものが生産しづらい状況にあるとのことでした。観光立国としての復活から期待しています。(2015/05/11)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「アテネで記者が見た質屋と「100円ショップ」の意味」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は2009年9月に訪問しましたが、それ以上に悪化している状況が見て取れました。その後が気になっていたので、本記事の作成は本当に感謝しております。現地で盗難にあい、怪我を入院したということで色々な人と話す機会を得られました。当時聞いた内容は以下でした。現地の人が言うには公務員のリストラは行うが、役所→警察、警察→消防署、消防署→役所のように循環する形で再雇用を行っているので、結局は改善されていない状況にあること。現地の学生さんは、ギリシャ国内ではいい仕事がないため、ドイツやオランダ等で働く先を探している。そのため、複数の言語を話せる必要があるという形でした。優秀な人、稼げる人は同じEU圏内に出稼ぎに行くため、国内には残りづらい状況にあるとのこと。観光先としても治安悪化で行きづらくなっているのはよくわかります。農業国のため、付加価値が高いものが生産しづらい状況にあるとのことでした。観光立国としての復活から期待しています。(2015/05/11)

政治を直視せず責任を果たさない日本の近未来を見ているようです。ギリシャは酷い状況ですが、それでも総選挙の投票率は日本よりは高かった。国家財政巨額赤字の状況は同じ。日本もギリシャも、現状を直視し、考え、行動できない限り、状況が良くなる事は無いでしょう。(2015/05/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長