• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大阪は“おばちゃんパワー”で再生できる

都構想に反対してきた民主党の辻元清美議員に聞く

2015年5月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大阪市長の橋下徹氏が打ち出した「大阪都構想」に対し、辻元清美・民主党大阪府連代表代行(衆院議員)は一貫して反対の立場を表明。2014年12月、民主党の支持組織の連合大阪を中心に政治団体「府民のちから2015」を立ち上げ、反対活動を展開してきた。5月17日の都構想の賛否を問う住民投票では、僅差ながら反対が賛成を上回った。都構想の問題点、住民投票の課題、大阪市の未来像について聞いた。

(注)辻元氏の「辻」は、正しくはしんにょうの上の点が2つではなく1つです。ウェブ上で表記できない可能性があるため、「辻」にて代用しています。

(聞き手は宇賀神宰司)

住民投票の結果は反対70万5585票、賛成69万4844票。0.77ポイントという僅差ながら反対が上回り、「大阪都構想」は否決されました。

「『大阪都構想』にストップをかけられた今、反対した私たちが大阪市のために何をしていくのかが問われている」と語る辻元清美氏(写真:大槻 純一)

辻元:開票速報では当初、賛成が上回っていたので本当にハラハラしました。賛否拮抗で反対派が勝ったという感じではとてもありません。私たちの主張(反対)は多数となりましたが、厳しい結果だったと受け止めています。

 同時に「大阪都構想」にストップをかけられたことはよかったと思います。私は大阪市で育ってもきましたし、126年の歴史がある大阪市がなくなってしまう、地図から消えてしまうことに危機感を覚えていました。投票日の翌日、大阪の街を歩いていて、うれしさのあまり「大阪市を抱きしめたい」という気持ちになりました。

 次は大阪市をよくするために、反対した私たちが何をするのか問われています。これからが正念場です。

「都構想は改悪、リスクが高すぎる」

「大阪都構想」になぜ反対したのでしょうか。

辻元:橋下さんの「大阪を変えたい」という強い気持ちには賛同していました。ただ、なぜ大阪市を東京都のようにせなあかんのか全く理解できません。

 大阪市は横浜市や京都市などと同様の政令指定都市です。橋下さんの構想通り、大阪市を廃して5つの特別区に分けてしまえば当然、政令指定都市ではなくなります。

 政令都市は会議などを通じて情報交換をするなどしてお互い切磋琢磨してきました。それがなくなれば大阪は孤立してしまいますよ。政令指定都市の権限や大阪市の財源をわざわざ返上してしまうことは市民にとって全くプラスになりません。

 今の行政区が5つに統合されれば、区役所が遠ざかってしまうなどして、橋下さんの強調する「ニアイズベター」に逆行する。津波の危険性が指摘される湾岸部を切り離して特別区にするなど、防災面でも不安がある。

 まあ、挙げたらまだまだあるんですが、初期投資に680億円もかけて大阪市を5つの特別区にすることは大阪市民のためにはなりません。大阪市に改革は必要だと思いますが、都構想は改悪、リスクが高すぎます。

 仕組みを変えるエネルギーがあるなら、生活保護受給者の増加など目の前の課題を解決することに費やすべきです。維新の方々は「仕組みを変えないと前に進まない」と主張していました。ですが、それは「勉強部屋がないから勉強ができない。勉強部屋を作ってくれたら勉強するのに」と親に愚痴を言う子供のようなものです。

コメント58件コメント/レビュー

この人は、ほんとに何を言っているか分からない。「おばちゃんパワー」って、「気合で何とかなる」って言ってるみたいなもの。でも大阪人はこんな人ばかりかもしれない。大阪人に「都構想」は難しすぎたのかも。(2015/05/25)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「大阪は“おばちゃんパワー”で再生できる」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この人は、ほんとに何を言っているか分からない。「おばちゃんパワー」って、「気合で何とかなる」って言ってるみたいなもの。でも大阪人はこんな人ばかりかもしれない。大阪人に「都構想」は難しすぎたのかも。(2015/05/25)

私は永年大阪市に在住している70歳の高齢者です。 交通機関の無料パスや美術館の無料入場など多額の収入があっても、実施されていてそれに切り込んだ橋下七曜は素晴らしいと思っています。自民党や民主党のようにきれいごとばかり言って、何も目の前の危機に対しても手を下さなかった輩が大阪の地盤を低下させたと思っています。 太田知事なんて本当に何もしなかったですね。橋下知事や松井知事に変わって、何をしようとしているかがはっきりとわかりましたし、納得のいく内容が多かったと思います。 既得権の確保に汲々としている維新以外の党は、これから権力争いが激化して大阪市がまたまた何事も決められないようにならないかと心配です。 (2015/05/24)

辻本議員は、あの体たらくな民主政権時代でも副大臣として実務には明るかったと記事を読んだことがある。今回の結果は賛成した私にとっては絶望すら感じる結果であるが、僅差である事を反対派は認め、本当に経済的に実のある改革を”実行”してほしい。見せかけで既得権益(特に自民・共産)を守るのでなくだ。でなけれ多くの納税者が移転し、企業が支店本店を郊外に移し、保護対象者だらけになって、大阪市は日本のデトロイトに近い将来なるだろう。もうあまり時間は無い筈だ。(2015/05/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

宇宙にゴミを出し続けていては、宇宙産業のビッグバンも、月旅行も、火星移住も実現できない。

新谷 美保子 TMI総合法律事務所弁護士