• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クックパッド、ベネッセ対抗の勝算

日本テクトを買収し、育児事業を強化

2015年6月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 国内最大のレシピサイトを運営するクックパッドが、育児事業を強化する。6月1日付けで産院向けベッドサイドシステムを提供する日本テクトの97%の株式を取得し、子会社化する。同時に離乳食のレシピなどを提供する「クックパッドベビー」の事業を移管。新たに社名をクックパッドベビーとし、執行役員の安田啓司氏を社長に据える。

 クックパッドは、4月にイーウェルから育児サイト「はっぴーママ.com」の事業移管を受け、同サイトの運営を開始したばかり。5月12日にははっぴーママとクックパッドの「ベビー&ママ」のコーナーと合わせ、「クックパッドベビー」と改名した。

5月に「はっぴーママ.com」とクックパッドの「ベビー&ママ」を統合して「クックパッドベビー」を開始した

 ベビー&ママでは、主にユーザーが投稿した離乳食レシピを提供していたが、はっぴーママと合体させることで、コンテンツの拡充を図っていた。「離乳食は、子どもの月齢によって食べさせられるものが変わる。ユーザー投稿だけの情報では“怖い”というユーザーも多くいた」(安田氏)。7月に向けた大規模リニューアルでは、ユーザー投稿だけでなく、医療従事者や管理栄養士などによる信頼度の高いコンテンツを提供していくという。

 コンテンツは「クックパッドベビー」内での提供にとどまらない。日本テクトの産院へのパイプを生かして、病院にも提供していく。日本テクトは、全国の産院にタブレット端末やクラウドを通じて情報を提供する「MediPac mama(メディパックママ)」を開発している。

 出産直後の母親に対して、院内案内や退院手続きの情報、沐浴や授乳についてのビデオといったコンテンツを配信する。病院によっては、産後の母親のシャワー室やマッサージの予約、食事選択まで可能だ。現在、国内2500程度の産科施設に対し、すでに200以上の施設にシステムを導入している。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「クックパッド、ベネッセ対抗の勝算」の著者

染原 睦美

染原 睦美(そめはら・むつみ)

日経ビジネス記者

日経パソコン、日経ウーマンオンラインを経て、2013年4月から日経ビジネス記者。ネットサービス、人物ルポ、などが得意分野。趣味は洗濯、昼酒、ピクニック。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長