• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国の社会格差に思う

2006年4月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国の都市は欧州、農村はアフリカ

 3月5日から始まった中国の第10期全国人民代表大会第4回会議は3月14日閉幕した。会議の中心議題は、2006年から2010年までの5年間の目標となる「第11次5ヵ年長期計画」であり、その最重点課題は都市と農村の格差拡大に歯止めをかけるための農村対策であった。


 中国の国家統計局の発表によれば2005年の都市と農村の所得格差は全国平均で3.2倍となっているが、社会福祉などを考慮すると実質的な格差は更に大きく、5~6倍にまで広がっているという見方もある。中国の「繁栄する都市」と「疲弊する農村」の2分化を的確に表した言葉に、「都市は欧州、農村はアフリカ」というのがある。

 これは、かつて中国に駐在したドイツの大使が中国の印象を率直に述べたものだが、中国の著名な経済学者である胡鞍鋼もこの比喩をたびたび引用している程で、中国の都市と農村の対比を見事に表現している。


 前述の国家統計局のデータによれば、2005年末時点の中国の貧困人口は6432万人であり、その内訳は一人当たりの年間純収入が683元(約9600円)より低い「絶対貧困」に分類される人口が2365万人、683~944元の「低収入」に分類される人口が4067万人となっている。これらの数字は都市には貧困なしという前提で従来から農村を対象としたものであるが、2004年末に比べて前者は245万人、後者は910万人減少したとしてその成果を誇っている。しかしながら、果たしてこれらの数字は正しいのだろうか。

(次のページは「農民暴動」は2005年だけで8万7000件 実態はその10倍か)

コメント1

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「中国の社会格差に思う」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック