• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

BRICsは「BRICS」となるか――南アフリカの台頭

  • 門倉 貴史

バックナンバー

2006年5月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、日本の個人投資家の間では、BRICsに続く新たな投資先として南アフリカの経済に注目が集まっています。投資は国債であるランド債の購入が中心ですが、金鉱関連を中心に株式投資を行う動きも出ています。


 現在、南アフリカの景気は拡大基調にあり、2005年の実質経済成長率は前年比4.9%増と、2004年の同4.5%増から加速しました。金や鉄鋼石、プラチナに対する世界需要が高まるなかで、素材関連の産業が好調に推移しています。また、2010年のサッカー・ワールドカップ開催に向けて各種のインフラも整備されつつあり、ケープタウンの沿岸部などではリゾート開発が積極的に進められています。

リゾート開発や金・鉄・プラチナの宝庫

 マクロ経済が好調に推移していることを反映して、外国企業が南アに直接進出する動きも強まっています。南アフリカ準備銀行が発表している国際収支統計によると、2005年の対内直接投資額は404億8800万ランドと、2004年の51億5500ランドの約8倍の規模に達し、対内証券投資額を上回るレベルとなりました。


 2005年の対内直接投資が急増したのは、英国のバークレイ銀行がアブサ銀行の株式の60%を総額330億ランドで取得(2005年5月)したことの影響が大きいと考えられます。この買収額は、海外企業の南アへの直接投資額としては過去最高となります。バークレイ銀行はかつて南アフリカで千店舗を展開する大手銀行だったのですが、人種隔離政策(アパルトヘイト)に協力しているとの批判を英国から受けたため、1986年に南アから全面撤退していました。南ア経済が好調なことを受けて、再度南アに進出することになったのです。

GM、トヨタ、フォルクス・ワーゲンも本格進出

 もちろん、対内直接投資の増加は金融の分野だけにとどまりません。素材産業では、2005年中に、オランダに本拠を置くミッタル・スチール(80億ランド)や、インドのタタ・スチール(6.5億ランド)などが南アフリカへの巨額投資を行いました。


 ダイムラー・クライスラー、ゼネラル・モーターズ、フォルクス・ワーゲンなど海外自動車メーカーの南アフリカへの進出も相次いでおり、2005年に認可された海外自動車メーカーによる直接投資の総額は70億ランドに達します。日本のトヨタ自動車は世界戦略車「IMV(革新的国際多目的車)」の南アフリカでの生産を2005年4月から開始しました。


 さらに、消費や投資といった国内の需要も盛り上がっています。

 南アでは1994年に、悪名高いアパルトヘイトが廃止され、黒人の雇用機会が少しずつ増えてきていることなどから、全人口の75%を占める黒人から中産階級が台頭しつつあります。かつては企業の管理職はすべて白人で占められていたのですが、最近では、金融や不動産などの分野を中心に黒人の管理職も出てくるようになりました。


 失業率は白人と黒人の間でなお大きな開きがありますが(白人の失業率が4%台であるのに対して、黒人の失業率は20%を超える)、最近では、年間10万人のペースで黒人の中産階級が誕生しているといわれています。所得水準が向上し、豊かになった黒人が、居住用の住宅を購入する動きが強まっているのです。

コメント0

「門倉 貴史の「BRICsの素顔」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師