• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国に残る 髪の毛で造る「醤油」

政府の摘発追いつかず いまだに屋台で使われる

2006年6月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「毛塵屋」という商売をご存じだろうか。
 
 これを「けじんや」と呼び、これは理容室や美容院を回って頭髪の切り屑である「毛屑」を集める商売で、既に日本ではこの商売は消滅したものと思われる。

 かつての日本でこの毛塵屋さんが買い集めた毛屑をどうしていたのかは分からないが、恐らく買い集められた毛屑は専門の業者の所に集められて、長さのある良質の髪はカツラや「髪文字(かもじ)」という女性の添え髪の材料となり、それ以外の毛屑は工業用のアミノ酸の原料となっていたものと思われる。旧知の美容師さんに聞いたところでは、美容室が毛塵屋さんに毛屑を渡すとお金を支払ってくれるのではなく、「髪文字」と交換してくれたという。

 ところで、今回のテーマである「毛髪醤油」とは何か。「毛髪」と「醤油」に何の関係があるのだろう。上述したように、毛髪がアミノ酸の原料であり、醤油の原料がアミノ酸であることが分かれば、自ずと毛髪から醤油ができることが理解できよう。
 
 日本でも戦中から戦後の物不足時代には「毛屑から代用醤油が作られた」との毛髪研究家の記述が「ニューヘアー」という雑誌の1982年9月号に掲載されている由で、その作り方は、毛屑を10%の塩酸の中に入れて24時間ほど煮沸した後に濾過して苛性ソーダで中和させるとのこと。

 また、日本の企業が頭髪から工業用アミノ酸を製造していたことは事実だが、毛塵屋を経由して毛屑を集めると人件費がかさんで採算に合わず、現在では製造していないようだ。

密造されている毛髪醤油

 さて、中国では政府により毛髪醤油の生産禁止命令が再三出されているが、毛髪醤油は依然として全国各地で密造され、低級醤油として販売されているという。中国では2004年1月に国営テレビ局「中央電視台」の「毎週質量報告」(質量は品質の意味)という番組で毛髪醤油問題が取り上げられたが、それほど大きな問題とはならなかった。

 ところが、2005年10月に遼寧省瀋陽市(中国語では沈陽市)の新聞「沈陽今報」の記者が毛髪醤油のできるまでを追跡報道したことから、中国全土で大きな反響が巻き起こった。

 記者の論点は、中国の醤油の一部には毛髪から作られた醤油があるが、これらの醤油にはガンを誘発する物質が含まれており、政府により再三の生産禁止命令が出されているにもかかわらず、欲に目がくらんだ悪徳商人は今もなお毛髪醤油を生産しているというもの。

 記者の追跡は、瀋陽市内の理髪店に毛屑を買いに来る毛塵屋との接触から始まる。毛塵屋から東北地方の毛屑買いう付けの元締めへの接触に成功する。記者は、醤油製造用アミノ酸の買い付けを口実にアミノ酸工場の紹介を依頼するが元締めは煮え切らない。そこで、最初の毛塵屋から聞いていた、元締めが買い付けた毛屑の搬送先であり、元締めの故郷である河北省新楽市へ行くことを決意する。

コメント10件コメント/レビュー

既に指摘された方がいますが、日本でも戦後の食糧難時代の政府統制経済下、床屋で散髪した毛髪を回収してアミノ酸を生産し、このアミノ酸でアミノ酸醤油を製造して配給していた。醸造ではないものにうま味などある筈がなく、不味いものであった。同様に大豆ではなく、ジャガイモなどから製造した水っぽい代用味噌もあった。一般庶民は大豆から醸造した醤油、味噌などは手に入らず、このようなアミノ酸醤油を当然のものとして使用していた。今、中国ではこのようなアミノ酸醤油は非合法化されているが、広大な中国のこと、このような不法行為の根絶は容易でないだろう。  ところで、「エンジンオイルを混入した葡萄酒」と云う記述があったが、正確には、これはエンジンの不凍液として利用されているジエチレンアルコールをワインに添加して富貴ワインとして某醤油メーカが販売した事件のことだろう。ジエチレンアルコールは甘みと保湿作用があるので、かつては堂々と甘納豆などに添加していた時代があったことを忘れてはならない。ジエチレンアルコールは毒性があるので、今では使用禁止となっている。 日本も過去には食品安全に係わる種々な事件があった。このような経験を踏まえて、日本は食品安全、公害問題などの危険性を単に煽り立てるのではなく、大局的な立場から中国に対して安全衛生管理、公害防止などのための協力と支援などを積極的に行う必要がある。参考:愛知県のジエチレングリコール含有歯磨き自主回収の通達:www.pref.aichi.jp/0000002704.html(2007/07/03)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「中国に残る 髪の毛で造る「醤油」」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

既に指摘された方がいますが、日本でも戦後の食糧難時代の政府統制経済下、床屋で散髪した毛髪を回収してアミノ酸を生産し、このアミノ酸でアミノ酸醤油を製造して配給していた。醸造ではないものにうま味などある筈がなく、不味いものであった。同様に大豆ではなく、ジャガイモなどから製造した水っぽい代用味噌もあった。一般庶民は大豆から醸造した醤油、味噌などは手に入らず、このようなアミノ酸醤油を当然のものとして使用していた。今、中国ではこのようなアミノ酸醤油は非合法化されているが、広大な中国のこと、このような不法行為の根絶は容易でないだろう。  ところで、「エンジンオイルを混入した葡萄酒」と云う記述があったが、正確には、これはエンジンの不凍液として利用されているジエチレンアルコールをワインに添加して富貴ワインとして某醤油メーカが販売した事件のことだろう。ジエチレンアルコールは甘みと保湿作用があるので、かつては堂々と甘納豆などに添加していた時代があったことを忘れてはならない。ジエチレンアルコールは毒性があるので、今では使用禁止となっている。 日本も過去には食品安全に係わる種々な事件があった。このような経験を踏まえて、日本は食品安全、公害問題などの危険性を単に煽り立てるのではなく、大局的な立場から中国に対して安全衛生管理、公害防止などのための協力と支援などを積極的に行う必要がある。参考:愛知県のジエチレングリコール含有歯磨き自主回収の通達:www.pref.aichi.jp/0000002704.html(2007/07/03)

・・すごい、としか言いようがないですね。こんな国で普通に生活している人は何を食べているんだろう?と思ったらコメントに書いている方がいました。やっぱり自助努力するしかないのですね。 現在我が家は女性陣が全員働いているので、食材は某協同組合の宅配経由ですから、怪しげなものは自動的にふるい落とされています。たまにスーパーに寄っても、中国製の野菜は買いませんが、加工食品となると原材料の生産国まで書いていないものも。日本も食糧の自給率を維持向上させるか、ますます安全に目を光らせるかしかないですね。まあ本当に大変な時代になったものです。(2007/03/26)

日本人も物忘れが激しい。日本も戦後の食糧難時代に毛髪を化学処理で分解してアミノ酸を取りだし、これを醤油の原料として使用し、アミノ酸醤油として販売していた時代があった。歴史を遡れば、多数のペンギンを捕らえて鍋で煮て脂を取った歴史もあり、アウシュビッツなどの強制収容所で殺害した人間の油で石鹸を作ったという歴史もある。中国で飽食で太りすぎの子供が多いというニュースがある一方で、今そのようなことが行われているのは、意外な感じがするが、人は儲かれば何でもしでかすことを忘れてはならない。(2007/03/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授