• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「江沢民がズボンをはく」と掛けてなんと解く

「英雄色を好む」ではすまされなくなってきた中国官僚の「愛人問題」

2006年9月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


 かつて中国の巷で流行った謎かけに「江沢民がズボンをはく」とかけて「高い所で腰をくくる」と解くというのがあった。これは、「脚の短い江沢民がズボンをはくと、ベルトは腰よりも高いところで縛ることになる」という意味である。さて、「その心は?」というと、「包二」(発音は「パオアルナイ」)であるというものであった。

 「包二」の「※」(※女+乃で表記)は「乳房」であるので、「二」は「2つの乳房」、「包」は「抱え込む」で、「2つの乳房を抱え込む」という意味になる。要するに、江沢民がズボンをはくと、ズボンのベルト部分が胸の位置になり、ベルトをすると2つの乳房を抱え込むことになってしまうということ。これだけなら、単に脚が短いということを揶揄しているだけになってしまうところだが、実は「包二」の本当の意味は「愛人を囲う」なのである(「二」は、「愛人」という意味)。ということは、江沢民が愛人を囲っていたということか。「いいえ」、早とちりは禁物、そうではありません。

江沢民が応援した大出世の有名歌手

 中国に「宋祖英」という有名歌手がいる。湖南省の少数民族「苗族」の出身で1966年生まれというから既に40歳だが、168センチの長身で、中国の古典から抜け出たような美貌と澄み切ったソプラノはまさに一級品と言える。宋祖英は人民解放軍海軍政治部文芸工作団に所属し、軍の階級は将軍級で副団長の職にあり、国家一級芸能家として国家から認定されている。その出演料も最高級で、2004年8月に四川省の貧困地区にある万源市が「万源防衛戦勝利70周年記念祝賀会」を開催した際に、万源市政府は宋祖英に出演を要請し、たった4曲歌っただけで42万元(約630万円)を支払っている。

 この市は年間の財政収入が4000万元(約6億円)に過ぎず、2002年までの累積赤字が1.6億元(約24億円)もあったのに、たった1日の祝賀会開催に2000万元(約3億円)を費やした。宋祖英に支払われた42万元は、現地農民の平均年収の210年分に相当するとして、当時中国では大きな議論がまき起こった。

 実は、この宋祖英に江沢民がお熱だったのである。江沢民が宋祖英の大ファンであることは、公然の秘密で、宋祖英は江沢民の後援を受けてか、とんとん拍子の出世を遂げ、今や国家行事の祝賀会などには常に登場して歌を披露する、押しも押されもしない大御所的存在となっている。そこで、江沢民は宋祖英のパトロンみたいだということから、「包二」というオチになったのである。
 この背景には、中国国民の間でいま一つ人気がなかった江沢民の宋祖英に対するパトロン振りを揶揄すると共に、全国各地で蔓延する「包二」の風潮への非難があった。もっとも、宋祖英のパトロンにもなれなければ、「包二」をしたくてもできない男達のやっかみが、大きな要素であったかもしれないが。

コメント0

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「「江沢民がズボンをはく」と掛けてなんと解く」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック